1月英検の結果が出てきました

小学部、中学部の中で1月の英検3級以上に挑まれた生徒たちが5名おりました。

3級以上では二次試験で「面接」がありますから、面接指導の依頼を受けることがよくあります。その場合、夜間の授業後に時間をとるなどして、無料で練習を行っています。

今回は、中学部の2年生や3年生の中からは3級と準2級の受験者が、小学部からはなんと「2級」の受験者が見られました。

塾での二次試験の練習では、

①入室から着席

②軽い日常会話

③カードを使った問題に対する応答

についての指導を行います。

特に①の中で、「態度」の項目を上げるための方法を実践してもらっています。

また、②や③の中で、スムーズに応答できればよいのですが、詰まってしまうこともありえます。そのため、「回避策」をマスターさせることも重要ですから、その練習も行います。

また、英検準2級以上ではカードの絵の説明(描写)を英語でしなければなりません。

その時に、ストーリー性をもつことと、できる限り多くの形容詞・副詞を用いてくわしく描写する術が必要ですから、そのためのポイントをしっかり伝えています。

さて今回、「英検2級」に挑まれた小学生のかたは、当塾の英語コースで「書く」英語を学んでおられますが、英検についてはどこの力も借りずに自力で学習をされ、見事に一次試験に合格されました。「2級」は、一般の宇部高生で例えますと高校2年生で取得できるかできないかの水準ですから、それを「独力で」というところが素晴らしいことだと思います。

帰国子女でない中では、当塾での最年少となります。

ただ、二次試験では塾での2回の面接練習を重ねる中で「このままでは落ちてしまう」と危機感を抱き、私の方で気づいた問題点を指摘し、カードの絵の描写時にことばを増やして説明する方法をしっかりマスターさせ、英会話の練習を積みました。

もともと論理作文教室にも通われておりましたし、論理性も高いかたなので、すべてを問題なく吸収されました。あとは、詰まったときの回避策を覚えて頂いただけで、本人のさらなる努力により見事合格を勝ち取られました。

【5名全員が合格】

 (中学部で、私が二次試験の練習を担当した生徒は、これまで「全員合格」となっています。)

みなさん、本当におめでとうございました!

英検教材2018a
塾生向けに英検の二次試験対策を行っています





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

中学準備講座、真っ最中です【小学アドバンス6年】

小学アドバンスコースに在籍されている6年生は今、中学準備講座の真っ最中です。

4月から始まる慶進中学校、フ大付属中学校の授業をトップランクで乗り切れるよう、アドバンス理数のクラスでは数学を、国社のクラスでは英語や社会、国文法などの項目を中学校の水準で予習しています。

数学を例にしますと、正負の数にはじまり、文字式、方程式、関数、図形などを仕上げていきます。

私立中学で教える数学は公立中学の水準を大きく超えます。それに備え、公立の一般的な中学1年生ではなかなか正解の出せない次のような複雑な分数式の計算(中堅難関高校の入試問題レベル)をも解けるように指導しています。

中学準備講座2018a
文字式の計算ではこのような分数式をも扱います

もちろん全てがこの水準ではなく、易しい水準から順に積み上げているのですが、この項目のひとつの到達点としてこのようなところを設定しているわけです。これは、塾内部の特待水準の生徒さんや、県外中学に進学することが決まっている生徒さんにも満足できる内容だと思います。

そのような中、2月からは、九州等の難関中学校の受験を終え、頂点の久留米大学附設中学校に合格した複数の生徒さんが本中学準備講座に参加されることになりました。

さすがだと感じたのは彼らの集中力と理解力です。とても落ち着いていて、授業に向かう眼力に迫力があります。

理数のクラス生にも彼らの姿勢がいい影響を及ぼしておりますし、実際、初回のテストでは慶進の特待生と附設合格の生徒さんとが満点で肩を並べ、張り合いました。

このような雰囲気の中で、残り1ヶ月少々しかありませんができる限りの知識を補充して各中学校に送り出してあげたいと思っています。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

液体窒素による低温探究【小学探Q教室】

小学生を対象とした理科の実験教室【探Q教室】では、毎年、液体窒素を使った低温の実験を目玉の1つにしています。

事前に資料集などから液体窒素の性質や製法などを学習し、また、今日の実験での注意点や何を確認するのかなどの話し合いをしました。

また、-196℃という低温を保存するためのデュワー瓶の仕組みを説明しました。2重構造になった大きな真空魔法瓶のようなものですが、ガラスがむき出しのため構造をよく見ることができます。

生徒たちは、この、ガラス細工をする職人さんが上手につくったガラス器具を不思議そうに眺めていました。

今日は、バナナのほか花、マシュマロ、スーパーボール、電池、お菓子など、各自が凍らせてみたいものを持ち寄ってくれました。

液体窒素2018a
花が一瞬でドライフラワーに

また、今回面白かったのは風船を使った実験です。

風船に水を入れて口をしばり、液体窒素に入れるとみるみる凍っていきます。十分凍らせた後、ゴムを破くと、きれいな丸い形をした氷のかたまりが出てきたのを見て、子どもたちが大歓声をあげました。

液体窒素2018c
きれいな卵型の氷ができました

バナナでのくぎ打ちや冷凍マシュマロ(意外とおいしい!)などを楽しみながら時間が過ぎていきました。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

今年度の中学受験を終えて【小学6年】

今年度の中学受験がすべて終わりました。

前回の報告のように、慶進中学に12名の合格、うち3名が特待生で、その他青雲中学や弘学館、フ大付属中学での合格となりました。

これらの生徒さんは、小学5年生の頃から当塾で用意している探Q教室や論理作文教室、小学4科コース、アドバンス理数や国社のコースを履修して下さいました。

私自身、受験算数には子どもたちの頭脳空間を広げてくれる素晴らしい力があると実感しながら指導をしており、さらにその中でも、やや難易度の高い水準で指導しております。

子どもたちには長らく苦労をかけてしまったのですが、合否の結果を見ますと、その方向性は間違ってはいなかったと感じられる今年度の結果でした。

また、6年生の夏まで当塾に在籍して下さっていた1人の生徒さんは、夏までを上記の探Q教室や論理作文、アドバンスコースでフルに頑張られ、そして夏以降はご本人の意思により、九州北部の大手の進学塾にバトンをつないで自ら最後の追い込みをされた結果、青雲中学校はもちろん、九州トップ校である『久留米大学附設中学校』と『ラ・サール中学校』の両校に合格されるという結果が出るという、ご父兄からの非常に嬉しいお知らせも頂きました。

この生徒さんは、当塾の探Q教室では理科に対する特別な関心を示され、日頃から知識も広く蓄えておりました。入試本番では、国語・算数に続いて理科も総合得点を引き上げる牽引役になったことでしょう。

子どもたちの合格はとにかく嬉しいものです。特に、最難関の中学校にダブル合格されたことは感動的に嬉しく、また誇りに思っております。本当におめでとうございました。

当塾では10名少々の定員しか受け入れていませんので合格数はわずかになりますが、「合格率」や「教育の品質」という点でリーディング的となる塾を目指しており、一定の品質を達成しつつあります。

今後も小学アドバンスコースを改良しながら、指導を行って参ります。

久留米大学附設2018a
ラサール高校2014a
最難関の久留米大学附設中学校とラ・サール中学校につなぎました






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

防府天満宮に参ってきました【中学3年生】

今年も防府天満宮にお参りする時期となりました。

今日は向かう道中、雪が降る中でしたが、参拝の時には偶然晴れ間が広がりました。

さて、中学3年生にとっては私立高校の一般入試と公立高校の入試を控える中にあり、生徒たちの緊張感が高まってきております。

今はひたすら問題演習を重ね経験値を高める時期です。日々、真剣に努力する受験生たちの姿を見ており、結果も、模試で国語を伸ばした生徒や数学を挽回した生徒などさまざまです。

このまま勢いに乗って受験に向かってほしいと願います。全員の合格を心からお祈り致します。

防府天満宮2018a
ほんの一時広がった晴れ間で映える防府天満宮

防府天満宮2018b
今年もまた大吉を頂きました





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

特待合格(4名)のお知らせ【小・中学生】

小学生のかたの今期の中学受験がすべて終わりました。

宇部市内で人気のある慶進中学では、今年は定員を大幅に超える133名もの受験申し込み者(受験者数は132名)があったと発表がありました。これは過去最多数だと思われます。

そして、当塾からも14名の子どもたちを慶進中学やフロンティア大学付属中学等に送り出しました。

ご父兄からは、両校の合格の嬉しいお知らせを次々に頂き(当塾からの受験者は全員合格でした = 第一志望校100%合格です!)、その中で慶進中学で3名の特待合格者が出たことが分かりました。

同じ「合格」でも、学校が「トップクラスでの合格」であることを認めた「特待合格」には別格の意味があります。

また、難関中学である青雲中学、弘学館中学への合格者も出ました。これは、青雲中学の合格者の例でいいますと、昨年の秋以降、通常授業以外でも特別な指導を重ね、これに生徒が最後まで真剣についてきてくれた結果です。

ちなみに、特待生と青雲合格者のうち3名は当塾の理科実験教室である「探Q教室生」でもあります。日頃から様々なことに興味関心の強い方が学力も強いということを示しています。

また、中学3年生の部でも、弘学館高校に「特待合格者」が出ました。本命の難関高校である、青雲高校(長崎県)にも見事に合格です。

このように、努力することの大切さを知った彼らの前途が楽しみでなりません。

塾でも、引き続き改良を加えて、よい結果が出るように努力をして参ります。

慶進中学校写真(新校舎)2018a
慶進中学校で「特待生3名」を輩出しました!





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

平成30年度・新規生を募集いたします【小・中学生】

平成30年度・新規生の募集を開始しております。

現在の来年度の空席状況では、新中学2年生(公立コース)が満席ですが、その他のコースには空きがあります。

・新5年生(4科、月曜日)
 └学校+αの学力をバランス良くつけさせ、ご家庭での自学の習慣も身につけさせるコース

・新5年生(アドバンス理数、木曜日)
 └慶進中学、フ大付属中学、県外の私立中学などへの合格を果たすため、ハイレベルな算数・理科を指導するコース

・新6年生(4科、水曜日)
 └学校+αの学力をバランス良くつけさせ、ご家庭での自学の習慣も身につけさせるコース

・新6年生(アドバンス理数、月曜日)
・新6年生(アドバンス国社、木曜日)
 └慶進中学、フ大付属中学、県外の私立中学などへの合格を果たすため、ハイレベルな国語・社会を指導するコース

・新中学1年生(5科、公立中学コース)
・新中学1年生(5科、私立中学コース)

・新中学2年生(5科、公立中学コース) ※満席
・新中学2年生(5科、私立中学コース)

・新中学3年生(5科、公立中学コース)

いずれも、塾をよく知って頂くための無料体験を開催しております。小学生のかたは、ホームページに日程を掲載しておりますので、ご覧ください。

塾前のポスターも一新しました。是非ご覧になってください!

生徒募集2018a
塾前のポスター掲示場





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

山口県一斉模試を実施しました【中学生】

冬期講習の締めくくりとして、5科目の総合力を測定する山口県一斉模試(県模試)を実施しました。

県模試は駿台模試のような全国のハイレベル模試とは異なり、山口県が中学生に求める標準的な学力を測定するものです。

しかし、「標準的」とはいえ、満点はおろか、90点を取ることも至難の業です。

実際、宇部高の模試での合格判定ラインは250点満点中190点、5科平均75%です。つまり、宇部高に合格する生徒でも、4分の3しか取れないという難易度なのです。

特に数学においては、制限時間がかかる中、効率よく得点を上げるには、ある程度「捨てる」覚悟も必要です。

県模試多世代ふれあいセンター2018c
県模試(3年)の確率の問題(抜粋)

普段の練習段階では1問をじっくり考えることはとても大切なことですが、試験においては「時間配分」の感覚や「優先順位」をしっかりと考えながら問題を解くことも、総合点を上げるには必要なことです。

3年生(受験生)の冬期講習ではこのようなことも指導しており、3年生にとっては最後となる今日の模試で、それぞれの努力の成果が出ることを楽しみにしています。

県模試多世代ふれあいセンター2018b
受験会場のようす

県模試多世代ふれあいセンター2018a
受験会場(宇部市多世代ふれあいセンター・旧シルバーふれあいセンター)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

冬期講習での国語の指導【中学3年生】

冬期講習真っ最中です。

数学や英語、理科の入試頻出のパターンを単元ごとに講義と類題での演習を行いながら、普段の授業では取り組みにくい国語の読解と記述の対策講義と演習を行っています。

過去にも国語の講座は何度も行っており、そこで得たノウハウをさらに発展させてて展開しています。

ちなみに、私自身「論理作文教室」で毎週講座を開催していますので、ポイントの解説時には何も参照せずに、生徒のほうを注視しながら講義をすることができるようになっています。

さて、まだ現時点では訓練の途中ですが、統計データ上同じような正答率を示す過去問を使用して学力の伸び率を測定しながら指導をしています。

まず初日に、参加の3年生全員に、いつも通りの力のまま論説文の問題(大問の1題)を解いてもらいました。

ヒストグラムでの結果は次の通りです。分布の範囲がやや広く、下から上までという印象です。

冬期講習国語3年2018a
1回目のテスト結果

その後、読解のポイント(具体と抽象など)と設問の読み方(適切な線引きなど)の訓練を積み、ただ「漫然と読んでいた」見方を改め、ポイントに沿って意識的に線引きなどを実行しながら「しっかりと読める」ように何度も練習しました。

まだ3日間ですが、まずは一定の訓練の後、同様の正答率を示す論説文の問題(大問の1題)を解いてもらいました。

結果は次の通りです。

冬期講習国語3年2018b
中間結果

平均値は変わらなかったものの、全体の分布が上よりの位置でまとまってきている感があります。

また、読解力を試す正答率の低い3つの問いで比較してみます。

冬期講習国語3年2018c
正答率の低い小問の分析

難問に対する解答率が高く、ここで得点を稼げていることが分かりました。

引き続き後半戦でも努力を重ねて頂き、読解力の向上を目指していきたいと思います。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

論理作文教室の概要について【小学生】

小学4年生から6年生までが在籍する「論理作文教室」の様子をご紹介します。

最近の本教室では、

①ことばを聞いてイメージ化し、内容を理解する力の育成
②短時間活字を見て覚え、それを書き出す技術の習得
③ことばの字数を自由に調節する技術(抽象・具体化)の習得
④自由短文の作成による表現力の向上
⑤国文法(主語・述語 等)、品詞の役割(形容詞→名詞 等)の理解
⑥タイトルに沿った小論文の作成

を軸に、その他、短小説の読み聞かせや、生徒の音読など、国語力を向上させる取り組みを行っています。

①②は、学校での授業の吸収率を高めるために考案したもので、もうずいぶんと継続して実践しています。

③~⑥は国語の試験で問われる「文字数制限付きの記述問題」などへの対応力を上げるためのものです。最初、全く書けないか、短いことばでしか書けなかった生徒も、字数を伸ばす力がついてきました。

さらに、

⑦短い映像を見て、ことばで内容を表現する技術の向上

⑦を新しい取り組みとして今後取り入れてみます。そのため、プロジェクタも活用してみます。

生徒の中には、4月に新しく入塾された時はスピードが遅くて大変だったり、字を書くことを面倒がったりする子もおりましたが、上の学年の子どもたちのスピードについていこうと一生懸命になっており、今ではついてきております。

また、受験を控えた6年生にとっては、表現力・記述力が伸びたと感じています。もちろん、慶進中学の入試に出題される300字の記述問題は難なくクリアできます。

ここで、難易度の高い中学校の入試問題の中での、記述問題の例を紹介します。フェリス女学院中学校(偏差値66、久留米大学附設中学水準の学校です)の過去問からです。

少し哲学的な内容で、

「昔のくみ取り式便所は落ちたらおしまいで、下にはどろどろの地獄が見える。そうなると、身がひきしまり、想像力も鋭利になるのだ。」 (赤瀬川原平著『目玉の学校』(筑摩書房)より)

という一節がある箇所に着目して作られた問い、

 下線部の「身がひきしまり」とはどういうことですか。

について考えてみます。

生徒たちは、「集中すること。」などと回答しています。これは間違いではありませんが、これではとても低い部分点しか得られないでしょう。

これを、「危険なときに集中力が上がること。」や、「危険に対して体が緊張すること。」などと解答しなければマルにはなりません。

前者は、一定の指導後、生徒自身が編み出した解答で、後者は模範解答です。

伝えたいことを具体化する技術だけでなく、ある程度の分量のことばを適切にまとめる技術(つまり、上記の③のことです)は国語力の根幹を形成するものです。

このように、ことばを自由に操る技術を教えることをひとつの基軸とした教室を目指しています。

徳進館進学ゼミナール2017a
論理作文教室|徳進館進学ゼミナール





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR