FC2ブログ

ペルセウス座流星群

毎年お盆の期間に見られ、3大流星群のひとつに数えられる「ペルセウス座流星群」。

昨年は見ることができませんでしたが、今年は宇部市の郊外へ出向いて観察することができました。

深夜12時過ぎに現地に着き、すぐブルーシートを広げて仰向けになり、1時半まで空を眺めていました。明るい半月の月もちょうど地平線のかなたに沈み、空は暗く、車を降りた瞬間に「天の川」がくっきりと見えるほどでした。

「夏の大三角」もくっきりと見え、天の川をはさんだこと座のベガ(織姫星)とわし座のアルタイル(彦星)を見ながら、ベガの近くにある「リング星雲」に思いをはせました。小学生の塾生たちと天体望遠鏡で観測し、くっきりとリング状に見えて「おおー」と感動したのが3年前のことです…。(彼らも今ではもう受験生です。)

この時間では既に、流星群の極大期を少し過ぎていましたが、それでも2、3分ごとに流星が出現しました。また、特徴的なWの形をしたカシオペア座を眺めていると、その周辺だけで、1時間で4つ、かなり明るく光る流星を見ることができたので、15分に1回以上は大きなものがあったと思われます。

国立天文台の解説によると、130年の公転周期をもつスイフト・タットル彗星から出される「ちり」がペルセウス座流星群のもとになっているようです。彗星からの「ちり」が散りばめられている場所を地球が通過するときに、ちりが地球の重力に引かれて大気圏に突入し、摩擦熱によって発光するわけです。

宇部市上空だけで目で観察できる流星が1時間に30個として、地球半面全体では何個になるだろうか…などと考えながら、眺めていました。

最後に、明るい流れ星をひとつ見収めて、今年の夏の天体ショーの観望を終えました。

ペルセウス座流星群2016a
月による薄明りの中で

ペルセウス座流星群2016b
無数の星空(北天側)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR