冬期講習が終わっての振り返り【小学5・6年、中学1~3年】

小学5年から中学3年まで、全コースの合計140時間にも及んだ今年の冬期講習が終了しました。

小学6年生の多くはこの日の市内私立中学(慶進/付属中)の入試に参加され、その他の塾生は当塾開催の一斉模試(会場:琴芝シルバーふれあいセンター)に参加されました。

また、県外の私立中学の受験を希望される方も多く、これまで名前が挙がった学校として、明治学園(北九州)、敬愛(北九州)、小倉日新館(北九州)、福岡雙葉(福岡)、青雲(長崎)、西南学院(福岡)、弘学館(佐賀)、上智福岡(福岡)、ラ・サール(鹿児島)、愛光(愛媛)、広大付属(広島)、広島学院(広島)等があります。

これらの中学受験は1月6日を皮切りに、2月上旬まで続くため、入試対策も個別形式で引き続き進行することになります。

チャレンジ校として最難関中を選択している生徒もおります。このような水準では、ひとつ、国語で出題される記述問題への対策が重要テーマとなります。幸い、日ごろから要約・小論文作成に多くの時間を割いている火曜日の「論理教室」に参加されている生徒が多く、彼らはポイントを指導するだけでどんどん記述していきます。

また、中学の部では既習科目の復習が主な学習内容となりました。

学年に応じ、教科書の英単語の暗記、漢字の暗記などの基礎的事項を徹底させつつ、英語ではSVO構文を何度も繰り返して浸透させました。単語の次に、主語・述語をとらえることが英語理解の第一歩であるため、多くの参加者が理解でき、正しく単語を整序したり、英作文を作ったりできたことは意義があったと考えています。

数学では、比例・一次関数の理解に特に力を割きました。関数は高校数学でも重要テーマであるためです。①座標を文字で表せる、②点と点の間の距離を正しく導き出せる、③簡単な図を書いて傾きを考える習慣をもつ、④私が必ず利用する一次関数の公式をマスターする、の4点を徹底的に理解させました。

社会では、重要事項のプリントをノートに張り、それをもとにした暗記ノートを作成しました。特に地理では、日本や世界の小さな白地図も何枚も使用して、地形や地名、産業、農業などを暗記をしました。暗記を要する理科の2分野でも同様です。

中学1年の国語では論理的読解の対策を、中学2年では小論文の対策も行いました。

これらの5教科の総合的学習を経ましたので、着実な模試対策、習熟度テスト対策になったと思います。模試の結果や入試の結果を楽しみに待つことにします。

琴芝シルバーふれあいセンター2012a
模試会場(琴芝シルバーふれあいセンター)

県模試2016a
真剣勝負!





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR