FC2ブログ

共通テストにおける国語【高校生】

大学入試改革に関する研修会に参加してきました。

2021年の冬から大学入試がセンター試験から共通テストに変わるにあたり、これまでも広島や福岡での勉強会に参加してきたのですが、今回は、「国語(現代文)」についてより詳細な内容を学ぶことができましたので、要点をお伝えしたいと思います。

形式面では、従来の4題から5題へと、大問で1題の増加が行われます。それに伴って、時間が20分長くなり、100分となります。これまで、80分の試験で集中力がぎりぎりだった生徒には厳しい条件となり、点数が取りづらくなる恐れがあります。

センター試験型で、ある程度余力のある生徒にとっては、従来の延長として解くことができ、得点化できます。

つまり、余力の少ない生徒にとっては難化傾向、余力のある生徒はそれほど変わらず得点化できるということですから、受験者全体で見れば、得点の開きがますます拡大する可能性があることを意味しています。

また、課題文は、これまでは評論、小説、古文、漢文から成り立っていましたが、これに「実用的な文書」からの出題が加わるということです。たとえば、報道、各種の規約文書、メール、会議録などです。

特に、実社会に関連したものが重視され、これまでの高校生があまり意識する必要のなかった「複数の資料の情報を関連付けながら読み、理解する力」が問われることとなるでしょう。

従来のセンターでは、読解の方法というものがある程度定番化していましたが、それが通じにくくなります。

一方、記述問題については、手がかりとなるものを読み解き、組み立てていく過程は変わらず、これまで指導してきたようなノウハウが生かされるでしょう。

いずれにしても、出題の傾向やボリュームが変わるため、これまで以上に国語力が求められる試験となることは間違いありません。

これらに対抗するためには、日頃から報道の文書や法律、取扱説明書といった多様な文章に接する時間を増やす意識が必要となりそうです。

そうなると、読解の土台を支える「語彙力」を、まずは高めていくことが国語の得点を安定化させるひとつの方向性であることが見えてきます。

今回学んだことを、指導に反映できるようにしてまいります。

センター対策国語講座2018a
国語対策が重要なカギを握ります





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

徳進館キャンパスの講座【高校生】

徳進館キャンパスでは、私を含めて4名の講師による各種講座が次々と開講され、生徒たちが受講してくれています。

まず、英語に関しては、文系講師が率いる、今年で6年目に入った「英語T1・T2」講座があります。

英語T1のほうは、センター水準9割を1年間で完成させることを目指した講座で、英語T2は各大学の2次試験(個別検査)の英文を読み、書けるように、英語を「超得意」とする講師(英検1級所持者)が指導しています。

手前味噌ですが、英語の得点力を伸ばす実績は伝説になりつつあると思うほどのものです。

多くの生徒が英語を大学入試の得点源に変え、合格を手にしています。また、昨年度は、この講座から医学部医学科合格者を2名も輩出することができました。

また、文系と理系の両講師は、個別指導を日常的に行っています。たとえば、宇部高では、数学や理科などで学校課題に解答がついていないことが多く、これらについて生徒から随時出てくる質問の解決を個別にしています。

また、数学・理科について、キャンパス本課生のための無料講座を多数開講しています。

まずは、数学ですが、理系の講師が「数学IA」範囲、「数学ⅡB」範囲に分けて毎週日曜日の夜間に開講しています。文系や理系の生徒たちが、それぞれの受験科目として必要な単元を自由に受講し、力をつけています。

また、物理では、主に理系の学生を対象として、「物理基礎」や「物理(基礎なし)」の講座を開講しています。現在は、高校1年生には力学分野を、高校2年生には円運動や運動量保存に関するテーマを指導しているところです。

そして、受験生(3年生)向けには、その多くが6月で部活を終了し早めに教室に来れるようになりましたので、「ハイレベル物理・化学」の講座もまもなく開講し、レベルアップをさせていきます。神戸大学、名古屋大学、東京大学などを目指す、物理・化学選択のキャンパス生が受講予定です。

また、私個人としてはとても嬉しいことに、昨年度に医学部医学科に合格した元キャンパス生が、指導のために講師として教室に戻ってくれることが決まり、7月から着任しました。

医学部講師2019a
医学部講師の練習風景(数学)

こちらの講師は、キャンパス内での家庭教師スタイルでの個別指導のほか、講師が得意とする「生物」や「化学」についての無料講座の開講、新入生たちの映像学習などの支援などを行いたいと、意欲を示しています。

講師自身、キャンパスに導入している映像授業で学習して受験成功した体験があります。そこで、それを生かし、キャンパス生に映像活用の意義を実感を持って伝えられるはずです。

以上のように、個別指導、映像授業、そして毎日のようにキャンパスの講義室で行われている講座などにより、教室が今まで以上に活気づいてきました。

キャンパス生たちそれぞれのレベルアップと志望大学への現役合格に向けて、スタッフ一同力を合わせて努力してまいります。

医学部講師2019b
医学部講師の練習風景(物理)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

令和元年度夏期講習のお知らせ【小・中学生】

今年の夏期講習は、小学5年生から中学3年生までの各クラス生を対象とした内容をご用意しました。

各学年ごとの夏期講習の概要をお伝えしますので、ご参考として下さい。

【小学5年生】
主にアドバンス理数コースの塾生を対象としたもので、普段から算数に力を入れていることに対応して、不足気味の国語や社会に重点を置き、また、理科の復習も行う内容としています。4科目のバランスを整えた上で全国模試に挑み、全国の中での学力を確認します。

【小学6年生】
主にアドバンス理数・国社コースの塾生を対象としたもので、特に、8月下旬から開催される各校のプレテストで好成績をあげることを意識した企画です。暗記科目(理科の2分野・地理・歴史)の学習し直しと、国語では論理的読解の手法の学習に力点を置きます。5年生と同様、4科目のバランスを整えた上で全国模試やプレテストに挑み、市内や全国の中での学力測定や志望校の判定をを行います。

【中学1年生】
1学期の既習範囲の5科の学習を進めます。まだ習った範囲は狭いですが、夏休みの間に集中特訓することで2学期に向けた学力の養成を図ります。

【中学2年生】
8日間の日程を設け、集中的に5科のバランスを高い水準で仕上げていきます。総合復習型の講座となります。

【慶進1年生】
学校の体系数学やスペリオなど、ハイレベルな水準の教材に合わせ、英数国中心で猛特訓を行う短期講座となります。理社も含めて復習を行い、全国模試で高校受験力を測定します。

【慶進2年生】
学校の体系数学やスペリオなど、独特の教材や水準にぴったり合わせ、英数中心の学校問題集の理解度を高める短期講座となります。国語の読解力養成も行います。

【中学3年生】
64時限もの時間を確保して行う、高校受験に向けた本格的な対策講座です。日頃手薄になりがちの社会、理科にもかなり力を入れます。志望校や学力に応じて2種類のテキストを使い分け、単元ごとに進行します。毎回のように確認テストを施しますので、自宅での復習を徹底させ、定着率を上げます。最終日には山口県一斉模試を実施し、県内の高校合格判定を行います。



以上、今年度の夏期講習の概要をお知らせしました。お子様の学力向上に向け、ご検討頂けますと幸いです。

夏期講習イメージ2019a
徳進館進学ゼミナールの夏期講習





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

宇部高校の合格発表の日【中学3年】

県立高校の合格発表日を迎えました。朝から快晴で、とても気持ちのよい天気でした。

私は毎年、合格発表日に宇部高校に出向いているのですが、今年の宇部高校には、昨年の本庶佑先生のノーベル賞受賞の横断幕があちこちに掲げられており、宇部高の素晴らしさがまたひとつ増えていました。

今日は、現地への到着が少し早く、塾生の一人が来られていただけでした。待つ間に、私は、塾生の受験番号を何度も復唱して覚えていきました。

しばらくして、中学生がぞくぞくと集まり始め、塾生とも順次会うことができ、ほとんどの塾生と挨拶することができました。

ちょうど10時に、ガラス窓の裏側から高校の先生方が、受験番号の書かれた模造紙を張り出し始めると、集まった人がたちが動き始め、すぐに歓喜の悲鳴で沈黙が破られ、騒々しくなってきました。

集団の先頭付近にいた何人かの生徒がすぐに戻ってきて合格を報告してくれました。私は握手をしながら「おめでとう!」を連呼していきました。

結果は、塾生の受験番号がすべて掲載されていました。宇部高校を第一志望に挙げた「11名全員が合格」したのです。

この合格までは平坦な道のりではありませんでした。特に、夏頃までC判定にとどまっていた生徒たちは、様々な苦労を乗り越えて努力を重ねてきました。そのような生徒たちも、本番で、(自己採点ですが)200点や210点を超えたのです。

このような成功体験を通じて、まず、最後の最後まで社会などの暗記科目を徹底的に反復することの大切さを学んだと思います。

また塾での最後の追い込み期に、英語については塾オリジナルの英作文集を継続して演習しリスニング対策も行ったほか、数学や理科の入試問題の演習時間では与えた範囲を全部完答するまで徹底的に反復するなど、緊張感を持って各科目の演習を行いました。そして、それらすべてに熱心に取り組まれた皆さん自身の成果です。

合格を勝ち取った塾生の皆さん、本当におめでとうございました!

宇部高合格発表2019a
横断幕のかかった宇部高校

宇部高合格発表2019b
掲示板に向かって動き出しました

宇部高合格発表2019c
掲示された受験番号





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

九州大学に生徒・講師ともに『ダブル合格』しました!【高校生】

本日、九州大学の合格発表の日となりました。

純粋な徳進館生である生徒のひとりが第一志望校として挑んだ名門『九州大学』。

徳進館キャンパスの前身となる教室の頃から通って下さっている生徒ですが、新しいキャンパスでも、そして、高校3年生になってさらによく努力され、本当に伸びた生徒です。

毎日のように夜遅くまで通塾して勉強する姿が見られました。講師が作成する「個別のオーダーメイドの学習内容」に対して真剣に、そして自信を持って取り組まれており、着実な前進を果たしました。当塾で導入している予備校の映像授業もうまく活用され、弱点補強のために活用していました。日曜日には毎週のように弊塾理系講師の数学の指導を受け、実力をつけました。

まさに「勝ち組」となるための努力の模範を示し、また、徳進館キャンパスが提供するあらゆるツールをうまく利用された生徒さんだと思います。

この努力の過程(模試の数値等)は指導側が押さえていますので、今後、後輩たちの指導をより科学的なものにするために役立たせてまいります。

また、理系の弊塾講師の方は、九州大学の二次試験(受験科目は、国語、数学IA~Ⅲ、英語)を見事に突破し、倍率3倍近い難関大学を勝ち抜く実力を証明しました。来年度は、東京大学、東北大学、大阪大学等を目指すような意気込みの生徒も多く、講師の求心力、指導力で理系科目を引っ張っていきます。

合格された塾生には心から「おめでとう!」のエールを送ります。

九州大学2019a
2名の受験地となった九州大学・伊都新キャンパス

九州大学2019b
講師の合格通知書





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR