センター現代文の対策講座の成果の報告【キャンパス】

先日報告した「センター現代文の対策講座」ですでに3回の講義が進みました。

全12回の中ではまだ序盤戦ですが、受講者のご家庭のためにも途中経過を報告したいと思います。

講師のコメントを引用しながら述べますと、

これまで、現代文読解に必要な「ツール」を紹介し、その「活用」による読解を指導してきました。本講座では、生徒の現代文の能力が低いのではなく、「センターレベル現代文の正しい解法」が整っていないことが原因であるとの仮説を立て、解法を身につけさせることを徹底しました。

センター国語(現代文)においては次の3点が特に重要となるものです。

①本文の内容を正確に把握する「読解力」
②本文の内容を正しくまとめる「要約力」
③まぎらわしい選択肢を選り分ける「吟味力」

加えて、「感性」の部分、つまり「共感」であるとか「想像力」であるという部分が勝負を決する要因でもあると考えています。

特に理屈っぽい男子に現代文が弱い傾向が見られるのですが、その原因はこの「感性」が及ぼす影響を理解せずに理屈・論理だけですべてを解こうとするためだと思われます。

ともかく、3回での生徒の得点率の推移をグラフで示してみます。

現代文講座2018a
3回の現代文テストの得点率の推移

若干の反例はありますが、おおむね回数と能力向上に正の相関がみられます。つまり、日を追うごとに、講座で伝えている「正しい解法」が身についてきていることを示しています。

※引用した問題は、第1回=Z会2018年実戦模試(評論:岡村圭子『グローバル社会の異文化論 記号の流れと文化単位』、小説:丸山健二『夜釣り』)、第2回=代々木ゼミナール2015大学入試センター試験直前予想問題(評論:内山節『怯えの時代』、小説:北杜夫『谿間にて』)、第3回=東進2016年第2回センター試験本番レベル模試(評論:門脇厚司『社会力を育てる』、小説:村田喜代子『鍋の中」)であり、同様の水準の問題で比較しています。

また、興味深い話を1つします。「語彙力」と「読解力」の関係性についてです。

現代文講座2018b
語彙力と現代文(評論・小説)の得点率との関係性(横軸=語彙力、縦軸=読解力)

ここから読み取れる知見として、「一定以上の語彙力を獲得することが読解力向上に不可欠である」可能性があることです。つまり「語彙力が平均以下の場合、読解力も平均に及ばない」ということです。そこで、たとえば日頃から学校で提示される語句や用語を逐一辞書で調べるなどの方法で語彙力向上にいそしんでほしいと思います。

「科学的かつ合理的に分析を行う」と、いろいろなアイデアが見えてきます。

今後は、これらの知見から、語彙(ボキャブラリ)の向上策をいっそう講じ、正答率が上がるにつれて時間制限を設けたり、生徒一人ひとりに合わせた時間戦略を構築するなど、実戦的な方向で講座を構成し、生徒たちをリードしていきます。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

センター対策国語講座が始まります【高校生】

高校部である「徳進館キャンパス」では、今年度は【センター対策国語】の講座を行います。

文系でトップ私大卒の講師とも以前より主に受験生(高校3年生)向けの「国語」の対策についての必要性について話し合ってきましたが、一連の講座として構想を完成されましたので、実施できることになりました。

講師のコンセプトメッセージの概要をお伝えします。



◎「先生、日本人なのに日本語が分かりません…」

現代文を解き始めた生徒がこう話すとき、数学が分からないよりも、英語が分からないよりも絶望の色を濃くしています。

国語に自信がある文系の生徒は、「現代に生きる日本人が、どうして現代日本語が分からないことがあろうか、いやあるはずがない!」という漢文の反語を駆使して意気揚々と戦いに臨み、敗れ去っていくわけです。

理系の学生は最初から「対策しようがない」というまことしやかな嘘を信じ込み、対策しようとせず「そんなことするくらいなら、数学で満点とってやる!」と意気込んで戦いに臨み、数学で思わぬ失敗をして志望校・学部変更を余儀なくされるわけです。

さて、この講座はセンター現代文を「9割得点すること」を目指しています。それ以外は目指していません。

たった90点を得るためだけの講座です。だからこそ無駄は一切排除しています。不要なことは一切しません。

講座は8月までの約3ヶ月、12回。そして一回2時間だけです。

つまりおよそ24時間で90点を確実に取れるようにしよう、というコンセプトです。

授業中に求められることはただ一つ、「人生でこれだけ集中したことはないと言えるくらいの集中力」だけです。

ところで、受験現代文が分かるようになると、どういうメリットがあるのでしょう?

一言でそのメリットを言うなら、「コンセプトをゼロから生み出せる」ということでしょうか。

これまでは語彙が少なくてなんと表現すれば良いか分からなかったことを表現できるようになる、相手に伝わらなかった気持ちが伝わるようになる、今までとは全く違う見方ができるようになるといったことは、現代文を読み解く力が向上すれば、確実にできるようになります。

また、世の中では業務の一部が機械やAIに置き換えられつつあるわけですから、これまで以上に、全く新しい見方ができる、機械やAIにはできない「コンセプトをゼロから生み出せる」という能力を身に着けている者が求められる時代に入りました。

そのような思考力を身につけるきっかけがこの講座だったと、研究者になったときに思ってもらえる講座であると思います。



本講座で育成できる能力として、

①評論・小説文の「リアルに使える」読解力・回答作成力
②語彙・熟語・慣用表現の養成
③厳しい時間制限で全問解き切る時間戦略

となることを目指します。

つまり、「正確に、迅速に解き切ること」を目指しているわけです。

本講座は、塾内部の「本課生(毎日通塾可のコース生)」には無料で提供します。中高一貫の高校2年生や県立高校の3年生に最適の講座ですから、ふるって参加して頂きたいと思っております。

開催期間中は、定期試験期間を除き、毎週土曜日の夕方となります。初回は5月26日(土)です。

センター対策国語講座2018a
名門講師による【センター対策・国語講座】が始まります





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

公立高校の合格発表【中学3年】

今日は県立高校の合格発表の日となりました。中学での3年間、目標に向けて長い努力を行ってきた成果を各自が確かめる日でもあります。

私も朝から宇部高校へ行き、塾生たちの受験番号を書き留めたメモを何度も見返しながら合格者リストの掲載を待ちました。

発表15分前までは人もまばらだったのが、5分前にはとても混み合ってきました。そして、塾生のほとんどの顔を見ることができ、あいさつもできましたが、みんないつになく緊張した面持ちです。

そして、10時ちょうどに合格者の番号が張り出された瞬間、全員がその一点に向けて動き出します。

この瞬間が、緊張感が最大限に高まるときです。

近くにいた、不合格かもしれないと不安一色だった塾生が自分の番号を発見した瞬間から喜びの涙があふれ出ていました。そして、共に喜びを分かち合うことができました。

受験対策期には、多くのややハイレベルな課題や入試対策の問題を出してきましたが、みなさん果敢に取り組み、また質問もしてくれながら解決するなど、本当によく頑張りました。

○2017年度 「中学3年アドバンスコース」の実績 (臨時生を除く14名の生徒の結果)
青雲高校(長崎) 1名
弘学館高校(佐賀) 1名(うち特待1)
東海大付属仰星高校(大阪)特進 1名
宇部高校 8名(うち普通科5、探究科3)
小野田高校 1名
慶進高校(アドバンス) 9名(うち特待4)
サビエル高校(特進) 3名(うち特待2)
(重複あり)

合格を勝ち取った生徒の皆さん、本当におめでとうございました。

宇部高合格発表2018a
宇部高校での合格発表

宇部高合格発表2018b
宇部高校の合格者の受験番号





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

1月英検の結果が出てきました

小学部、中学部の中で1月の英検3級以上に挑まれた生徒たちが5名おりました。

3級以上では二次試験で「面接」がありますから、面接指導の依頼を受けることがよくあります。その場合、夜間の授業後に時間をとるなどして、無料で練習を行っています。

今回は、中学部の2年生や3年生の中からは3級と準2級の受験者が、小学部からはなんと「2級」の受験者が見られました。

塾での二次試験の練習では、

①入室から着席

②軽い日常会話

③カードを使った問題に対する応答

についての指導を行います。

特に①の中で、「態度」の項目を上げるための方法を実践してもらっています。

また、②や③の中で、スムーズに応答できればよいのですが、詰まってしまうこともありえます。そのため、「回避策」をマスターさせることも重要ですから、その練習も行います。

また、英検準2級以上ではカードの絵の説明(描写)を英語でしなければなりません。

その時に、ストーリー性をもつことと、できる限り多くの形容詞・副詞を用いてくわしく描写する術が必要ですから、そのためのポイントをしっかり伝えています。

さて今回、「英検2級」に挑まれた小学生のかたは、当塾の英語コースで「書く」英語を学んでおられますが、英検についてはどこの力も借りずに自力で学習をされ、見事に一次試験に合格されました。「2級」は、一般の宇部高生で例えますと高校2年生で取得できるかできないかの水準ですから、それを「独力で」というところが素晴らしいことだと思います。

帰国子女でない中では、当塾での最年少となります。

ただ、二次試験では塾での2回の面接練習を重ねる中で「このままでは落ちてしまう」と危機感を抱き、私の方で気づいた問題点を指摘し、カードの絵の描写時にことばを増やして説明する方法をしっかりマスターさせ、英会話の練習を積みました。

もともと論理作文教室にも通われておりましたし、論理性も高いかたなので、すべてを問題なく吸収されました。あとは、詰まったときの回避策を覚えて頂いただけで、本人のさらなる努力により見事合格を勝ち取られました。

【5名全員が合格】

 (中学部で、私が二次試験の練習を担当した生徒は、これまで「全員合格」となっています。)

みなさん、本当におめでとうございました!

英検教材2018a
塾生向けに英検の二次試験対策を行っています





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

今年度の中学受験を終えて【小学6年】

今年度の中学受験がすべて終わりました。

前回の報告のように、慶進中学に12名の合格、うち3名が特待生で、その他青雲中学や弘学館、フ大付属中学での合格となりました。

これらの生徒さんは、小学5年生の頃から当塾で用意している探Q教室や論理作文教室、小学4科コース、アドバンス理数や国社のコースを履修して下さいました。

私自身、受験算数には子どもたちの頭脳空間を広げてくれる素晴らしい力があると実感しながら指導をしており、さらにその中でも、やや難易度の高い水準で指導しております。

子どもたちには長らく苦労をかけてしまったのですが、合否の結果を見ますと、その方向性は間違ってはいなかったと感じられる今年度の結果でした。

また、6年生の夏まで当塾に在籍して下さっていた1人の生徒さんは、夏までを上記の探Q教室や論理作文、アドバンスコースでフルに頑張られ、そして夏以降はご本人の意思により、九州北部の大手の進学塾にバトンをつないで自ら最後の追い込みをされた結果、青雲中学校はもちろん、九州トップ校である『久留米大学附設中学校』と『ラ・サール中学校』の両校に合格されるという結果が出るという、ご父兄からの非常に嬉しいお知らせも頂きました。

この生徒さんは、当塾の探Q教室では理科に対する特別な関心を示され、日頃から知識も広く蓄えておりました。入試本番では、国語・算数に続いて理科も総合得点を引き上げる牽引役になったことでしょう。

子どもたちの合格はとにかく嬉しいものです。特に、最難関の中学校にダブル合格されたことは感動的に嬉しく、また誇りに思っております。本当におめでとうございました。

当塾では10名少々の定員しか受け入れていませんので合格数はわずかになりますが、「合格率」や「教育の品質」という点でリーディング的となる塾を目指しており、一定の品質を達成しつつあります。

今後も小学アドバンスコースを改良しながら、指導を行って参ります。

久留米大学附設2018a
ラサール高校2014a
最難関の久留米大学附設中学校とラ・サール中学校につなぎました






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR