FC2ブログ

中学受験の途中経過のご報告【小学6年】

慶進中学の受験が終わり、ご父兄から続々と結果のご報告を頂きました。

中には合格証書を塾まで持参して下さる方も何人かおられ、子どもさんと一緒に私も喜びながら拝見させて頂きました。

慶進中学に挑んだ生徒が8名いたのですが、結果は全員合格されました。その中で、A特待(授業料全額免除)が1名、B特待(一部免除)が2名、合計3名もの生徒に特待を頂き、保護者の方共々大いに嬉しい時間を過ごさせて頂きました。

生徒一人ひとりの努力が「合格」という形でしっかりと実りました。みなさん、本当におめでとうございました。

この先、難関中学にチャレンジを続ける生徒は引き続き努力を重ねていってほしいと思います。

また、先日の模試ですが、今年は塾として制作し編集した難関中学受験者向けの模試を実施しました。

愛光中学、ラ・サール中学あたりが中心値となるような水準の問題で、青雲中学から久留米大学附設中学の範囲の中学の受験力を図れるように企画しました。

出題の水準は、九州・四国圏の難関中学の過去問を基準に同程度としたつもりでしたが、生徒たちがどの程度解いてくるかが心配でした。

私の方で採点した結果、受験者の最高点は100点満点中、理科86点、社会90点となり、「易しめの設定になってしまった」のではと一瞬心配しましたが、むしろ、それだけ冬期に皆さん頑張ったのだと思います。一方で、国語、算数は76点、57点でしたから、特に算数は難しすぎたようです。

受験者の母数が少ないので、正確な判定に使えるものではありませんが、各学校別の配点に照らし合わせて過去の合格最低点と比較することである程度の判定ができます。

ともかく、受験直前のこの時期に真剣に問題に取り組むことが実践力向上の一法です。さらに、解けなかった問題について、解説を読んで理解を深めていくでしょうから、また一つ経験値が増えることでしょう。

さて、そうした中、九州圏では早い実施となった愛光中学に挑んだ生徒さんから、「合格」できたという大変嬉しい吉報が入ってまいりました。「愛光」という、全国に名の知れた四国一の名門中学に合格されたのです。

こちらの生徒さんも、本当におめでとうございました。

慶進中学校写真(新校舎)2018a
慶進中学で8名全員合格、うち3名の特待生





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

山口県一斉模試を開催しました【小中学生】

本日は、冬期講習の締めくくりとして、山口県一斉模試や全国模試を実施しました。この日は、高校受験を控えた中学3年生を中心に、とても緊張した一日となりました。

中学3年生にとっては、将来のかかった志望校の選択に関わるものですから、特に緊張したことと思います。

さて、慶進中学2年生に対して、小さな入試としての位置づけの模試も実施しました。慶進中学生にとっては、このように緊張感のある模試を、しかも(学校では3科目型の模試しか実施しないため)「5科目」の模試を受ける機会が少なく、多くの生徒にとって普段おろそかにしがちの理科、社会を含めて広い範囲の復習の励みになったようです。

今回の模試で「宇部高A判定」を取ることを目指して5科目のバランスを取って努力した生徒も複数おり、私としてはとても意義のあるものであったと感じています。実際、3年生からは高校課程の学習に入るため、2年生終了までには山口県の進学系公立高校に合格できる程度の学力が必要と考えており、これをクリアすべく努力を促し、伸ばしてきました。

また、公立中学の1~2年生にとっては、学校の定期テストや習熟度テストでは所属中学内での相対順位は分かるものの、高校受験力を測ることは難しく、このような外部模試の力に頼るしかありません。しかしその結果、学力の「実態」が明らかになり、より早期から危機意識の醸成や学力の弱点の解決に向けた対策が講じやすくなるため、模試を受験することに重要な意味があります。

まずは、今年の冬期講習で、非常に多くの問題演習を頑張って頂きましたので、全員の学力の伸びを期待しています。

山口県一斉模試2019a
試験会場の様子





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

中学受験「算数」の意義【小学生】

中学受験算数(以下、受験算数)について、常々思うところを書いてみます。

受験算数に対して、「受験のため」だけの算数なのでは?と思われている方もおられるようです。結局中学で x とか y とかの「文字式」を習って解いていくので、小学校で無理してもあまり役に立たないと…。

このように思われるのはもっともなことです。

しかし、中学受験(その中でも、高めの水準の内容)をある年数教えていると、「受験算数は頭脳空間を広げるためのツールの宝庫である」という実感を強く持たざるを得ません。

まず、計算の分野では、複雑な分数の約分、通分、四則計算やかっこのついた複雑な式の計算は、公立中学の1年生のレベルを遙かに超えています。とはいえ、計算はあくまでも「技術」であり、単なるツールの域を出ません。

それに対して、旅人算などに代表される「算術」は、数学を構成する一つの軸だと思える「比」や「割合」の概念を鍛えるためのもので、決して旅人算そのものを解くために訓練しているのではありません。

子どものうちにこのような割合の観念を、高い水準で理解した人は、その後の数学の学習スピードが間違いなく高くなります(と、少なくとも長年「化学」という教科を教えていても、すぐ直感的に分かる人と分かりづらい人の差が「割合」の理解度の差と比例することは明白です)。

また、高校1年生で習う「数学A」の中に、図形の分野が出るのですが、これもまた受験算数と直結しています。

受験算数では、公立中学の3年生で習うような「線分の長さの比」「似た形の図形の関係(相似)」を5年生の段階で終えますし、恐らく中学3年生でも解くのが難しいような図形の問題に取り組みます。

中学受験算数2020b
受験算数の典型的な図形問題

頭が柔軟なうちだからこそ感覚で理解し、解けるというところがありますが、そのような感覚に慣れると、中学生や高校生になってもおもしろいように理解し、解くことができます。

また、条件を設定(仮定)し、試行錯誤し、検証するといった一連の「論理力」も鍛えられ、物事の理解力が向上しますし、国語力につながる「内容要約力」の向上も期待できます。

このような思考の経験は受験算数をおいて他ではできず、このような内容のオンパレードで展開される学習を毎週毎週積み重ねることの意義はとても大きいものがあります。

実際、受験算数は大学入試までつながる方法論ですし、それより本質的に大切なのは、頭をやわらかくし、イメージ力を向上させ、様々な物事を同時に処理する能力を広げている(つまり、生きる力を増やしている)ものだと日々実感しています。

このように奥の深い受験算数を、中学受験を狙う方にはもちろん、そうでない非受験の方にも学んで欲しいと思っています。

中学受験算数2020a
公立中学では3年生で習う図形問題の基礎を5年生で終えます





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

県立高校(推薦入試)に向けた取り組み【中学3年】

私の方で、高校受験を控えたアドバンス中学3年生のクラスを指導しています。

今年の3年生は、学校推薦を頂く生徒が多く、塾として過去最多といえる12枚(うち、私立高校は5枚)の添削を行いました。

一人ひとり、志望高校、将来の夢、PRできるこれまでの実績などが異なりますが、各自に書いてもらった下書きをベースに、それぞれの個性に合わせ、より適切な表現に変えたり、論理的な流れになるように添削していきました。

これまでの人生の中でPRしたいことは山ほどあるけれど、限られた字数の中で何を優先し、そして短くても読み手にしっかりと伝わるように言葉を選定することは、中学3年生とはいえ、なかなかできるものではありません。

できる限り生徒一人ひとりの状況や気持ちに合わせて私の方で添削しましたが、それをまた各自が自らの手で清書し直しました。そして、みなさん全員が無事に提出を終えました。

特に県立高校の推薦は受験倍率が高くなかなか合格することは難しいですが、合格できれば一般入試よりも1ヶ月も早く進路が確定できますから、一足先に高校課程の勉強をすることができる流れを塾として用意しています。

全員の合格につなげるため、あとは小論文の練習や受験に指定された科目の演習に全力を注いでいくのみです。

引き続き頑張っていきましょう。

学校推薦・志願理由書2020a
志願理由書(塾サンプル)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

中学受験の秋期対策講座(土曜講座)【小学6年】

例年、10月中旬から冬期講習が始まるまでの約2ヶ月間、入試対策及び冬期講習へのつなぎとして、毎週土曜日に約5時間の受験対策の講座を行っております。

難関中学の過去問を扱ったり、地元の私立中学の過去問などを利用して、演習しています。普段の授業でなかなかできない国語の記述対策も一定の時間を割いて指導しています。

社会については前半、難関中学の入試問題や模試の過去問を渡して、グループで討論しながら資料を基に正解を導き出す訓練をします。それが慣れてきたら引き続き家でも同様の取り組みを一人で行ってもらいます。

グループで学習する楽しさは特別のものがあると思いますが、勉強の世界では一人で戦っていくことは重要ですので、そのための訓練となります。

12時過ぎにお昼休みをはさみますが、子どもたちを外に連れて食べに行くことにしています。楽しい時間を皆で過ごしますが、すぐ戻って、午後の勉強を始めます。

このように努力をして、市内の私立中学の特待水準をはじめ、県外の難関中学にも届く学力を目指しています。今年の参加者の半数程度は、塾で実施した11月の模試の自己採点の結果からは、偏差値62以上の学校に合格できる実力を身につけつつあることが分かります。

また、小学アドバンスの授業では、日頃から理科や社会などで要点をまとめる訓練を続けており、約2年間の訓練を受けてきたメンバーだけあって、先日改めて、「物事をまとめたり、記述で字数を調節するための言い換えが上手になった!」と、うならされることがありました。

引き続き、受験本番に向けて頑張っていきましょう。皆さんのがんばりを応援しています。

グループ学習2019a
秋の受験対策を行っています





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館進学ゼミナールの公式ブログへようこそ!
塾長が東大大学院及びその後の研究活動で得た経験を生かし、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていけるような知的探究心を宿す教育の実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR