FC2ブログ

大学入試改革の研修会に参加しました【大学受験】

「いよいよ見えてきた大学入試改革!」と題する研修会に参加してきました。

この研修会では、大学入試改革を頂点として、それに続く高校課程、中学課程、小学課程がどのように変わっていくのかがよく分かるセミナーでした。

まず、「大学入試センター試験」は来年2020年の1月実施分で最終回となります。2021年1月からは新しく実施される「大学入学共通テスト(以下、共通テスト)」に変わります。

共通テストのスケジュールは、2021年1月から開始するのですが、これは「先行実施」と呼ばれる内容で、完全に新バージョンに切り替わったものではありません。まだセンター試験の出題内容を引きずっているものです。というのは、高校の教科書がまだ現行の内容で教育が進んでいるためです。

高校の教科書改訂(次期学習指導要領)の全面実施は2022年度からです。したがって、2022年度で高校1年生となる生徒が共通テストを受ける2024年度(2025年1月実施)の共通テストから本物(本格実施)になるわけです。

それを逆算しますと、現在の小学6年生(新中学1年生)が2025年1月に大学入試を迎える最初の世代ともなります。

ですから、現在の小学6年生には国が慌てて英語の「必修化」を導入しましたし、来年度はさらに1学年下の5年生から必修となるのです。

そのため、「新中学1年生」をキーワードとして念頭に置いて頂きたいと思います。

共通テストでは、択一式だったセンター試験に代わって記述式問題が導入されたり、英語は読む・聞くの2技能から4技能に転換されます。また、問題解決のプロセスを自ら選択しながら解答させたり、分野の異なる複数の資料を比較検討させる、日常生活と結びつけて考える、正解が1つに限られない問題の出題、選択式でありながら複数の段階にわたる判断を求めたりする内容とするなど、大きく変革します。

また、二次試験(個別試験、つまり各大学が作成する個別の問題)も「学力の三要素」と呼ばれる、『①知識・技能、②思考力・判断力・表現力、③主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度』をより正確に測定するためのものに変わっていきます。

研修会では、共通テストの見本を分析したデータが示されましたが、目立つものとして「問題文の文章量の増加」が挙げられます。

    【センター試験】  ⇒  【共通テスト】
英語 … 26ページ、4200語 ⇒ 29ページ、5200語
数学IA … 17ページ、4000字 ⇒ 26ページ、12000字
国語 … 42ページ ⇒ 45ページ
化学 … 24ページ ⇒ 26ページ
世界史B … 24ページ ⇒ 31ページ

と、どの教科も増加傾向です。数学は国語の力も大きく関わってくると予想され、会話文を読み解く力など、従来の発想では数学とは関係が少ないと思える能力も身につけなければなりません。

英語でも準一級~一級水準の単語も出され、しかも注をつけないとのこと。したがって、前後の文脈からことばの意味を推測する力も試されます。

大学入試がこのように変革するため、高校入試もそれに類する変革がなされていきます。「知識・技能」はこれまでと変わることのないものの筆頭としてあげられますが、「思考力・判断力」では、長文を読み解く読解力や記述力がますます求められていくでしょう。

私たちが長年行ってきた「論理作文教室」など、国語に比重を置いた教育の必要性もますます高まっていくはずだと確信しました。

引き続き、入試トレンドの情報収集と研究をしながら、塾での教育に展開してまいります。

共通テスト2019a
共通テストに向けたタイムスケジュール





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

宇部市の女性活躍推進セミナー2018の講師を務めました

宇部市の市民環境部では、「男女共同参画の推進」に関する講座が毎年開催されていますが、その講座の1つに、「エクセルの基本講座」があり、その講師を私の方で毎年(今年で8年目)務めさせて頂いております。

「女性活躍推進」のためという大きな目的がありますから、私としてはコンピュータをただ教えるというのではなく、「資格の取得」につなげて、「履歴書」にも書けるようなことを1つでも増やすことで、活躍の場を広げて欲しいという願いがあります。

そこで、日本情報処理検定協会による「エクセルの資格」が取れるように、その過去問に沿った指導を行いました。

与えられた3日のうち、初日はエントリー水準の4級の内容を、そして2日目からは履歴書に書いても恥ずかしくない3級の水準の内容を指導していきました。

内容が盛りだくさんのため、少々駆け足で進まざるを得なく、消化不良になってしまったと思いましたが、有難いことに、参加して下さった方から高い評価(22名中21名が満足と回答)と嬉しいコメントを頂きました。


・とても理解しやすい講義で、基本的な操作から詳しく指導されたので、スキルアップになった。

・エクセルの機能を基本から少し高度なIFまで教えて頂いた。楽しい内容で、これからも自宅でも少しずつ頑張ってみます。

・これをきっかけとしてパソコンができるようになりたい。


などなど。

いつもそうですが、私自身が「役に立つ」と思うことを楽しく伝えています。

このようなことで社会に還元できる機会を与えて下さった宇部市市民環境部の皆さまにも感謝しております。また、来年も依頼があれば、引き受けさせて頂いて頑張りたいと思います。

女性活躍推進セミナー2018a
女性活躍推進セミナーの一場面(宇部市提供)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

歴史の学習(吉野ヶ里遺跡)【小学探Q教室】

塾の6年生の各コースでは歴史の学習が本格化しております。

古代の日本史では弥生時代は特に面白いところだと思います。人びとが集まってむらをつくり、彼らの暮らしに貧富の差が生まれ、争いごとも増えてきます。

当時の日本がいくつかのくにに分かれ、指導者卑弥呼が現れたとされていたり、当時の中国に使いが送られたりするなどなかなかドラマチックです。

探Q教室生の6年生には、そのような学習をしっかりとした上で、今年も吉野ヶ里遺跡へ行くことになりました。

吉野ヶ里遺跡2018g
公園の入口|晴天に恵まれました

この日は天候に恵まれましたが、風が強く「火おこし」の体験はできませんでしたが、勾玉づくりと「親魏倭王」と刻まれた金印の製作体験をすることができました。

勾玉作りでは直方体の小さな石材を溶岩石にこすりつけて削り、狙った形に近づけていきます。

吉野ヶ里遺跡2018h
勾玉づくり|石材を削っています

吉野ヶ里遺跡2018a
金印製作|「親魏倭王」の印が見事にできました

また、高床倉庫や竪穴住居の見学やスケッチを行い、太鼓台で太鼓を鳴らしてみたり、物見やぐらにのぼって見たりしながら、学習した知識を実体験でも確認することができました。

吉野ヶ里遺跡2018f
石包丁|野草で実際に体験させて頂きました

一日しっかりと体験をしましたので、きっと先々記憶に残るものとなったことでしょう。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

女性活躍推進セミナー2017の講師を務めました

宇部市の「男女共同参画」事業の一環として、市民環境部(人権・男女共同参画推進課)で毎年実施している「女性活躍推進セミナー」という市の学習会があります。

今年は

①パソコン講座
②ファイナンシャルプランナー講座
③健康講座

をまとめて学習できる講座でした。

この中の「パソコン講座」を担当して今年で7年目となります。

お陰様で人気の講座となり、例年2日だけの受け持ちだったものが今年は3日に増え、さらにアシスタントの先生も1名つけられるようになりました。

アシスタントの先生として、塾の設立当初からブラインドなどの機材の設置をしてくれている知人の先生をお呼びしました。

また、いつも時間の関係で中途半端なところで講座が終わっていたのですが、今回は1日増えましたので、情報処理技能検定試験(エクセル)の3級の内容をすべて網羅することができました。

参加者は若手の方からご年配の方まで様々ですが、皆さん大変意欲的にパソコンに取り組まれていました。そして、エクセルのいくつかの関数の知識を広げて頂きました。

合計、平均に始まり、条件、順位などを処理する関数を学習しましたので、簡単な成績表はみなさんが作成できるようになりました。

また、参加者の方々が書かれたアンケートも読みますと、今年は、



・エクセルがとても分かりやすかったので、来年も開催してほしいです。
・実務的にとても役立ちそうです。
・エクセルの説明が分かりやすく、楽しかったです。とても勉強になりました。
 など



という貴重な意見を賜りました。本当に有り難く拝読させて頂きました。

エクセルの面白さや資格の重要性などを伝えてきましたが、楽しんで頂けたようです。

また来年も要請があれば、引き受けて、指導にあたりたいと思っています。

女性活躍推進セミナー2017a
宇部市・女性活躍推進セミナー(写真は宇部市提供)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

歴史の学習(吉野ケ里遺跡探訪)【小学探Q教室】

今年の探Q教室生も佐賀県の吉野ケ里遺跡へ出かけることになりました。

事前に弥生時代の学習を進め、参加のための確認テストを全員がクリアして、一定の知識を身につけたことを確認しました。

当日は朝7時に全員が塾に集まり、車で出発しました。

メンバー7人はさまざまな学校から集まった仲間ですが、探Q教室ですぐ仲良くなっており、今日の車中でもおしゃべりが絶えませんでした。

あっという間に佐賀県に到着です。

吉野ケ里遺跡2017a
みんないつもハイテンションです

この日は晴天で風も弱く、探Q教室としてここに連れ始めて初めて「火おこし」の体験をすることができました。

説明員のかたの説明に聞き入り、すぐに見様見真似で火おこしの道具を使い始めるのですが、回転のリズムをつかむのがなかなか難しかったようです。

吉野ケ里遺跡2017c
道具に慣れるのに四苦八苦しました

根気よく回し続けて、やっと削れた木くずから煙が出てきました。これが火種です。

吉野ケ里遺跡2017d
火種ができました

すぐに、乾燥したわらの中に火種を入れ、わらでくるんで息を何度も吹きかけると、発火点に達したわらから一斉に炎が上がりました。

吉野ケ里遺跡2017e
わらに着火しました

また、古代人の装飾品とされる「勾玉」の制作体験もしました。

体験所で販売している硬度の小さな石材を溶岩石に何度も何度もこすりつけて削り、狙った形に近づけていきます。

吉野ケ里遺跡2017b
この日制作した勾玉

そのほか、高床倉庫や竪穴住居の見学、ネズミ返しのスケッチ作成、物見やぐらから周囲を眺めるなどの体験を行い、机上で学習してきた弥生時代の知識が生きたものとなり、当時の人々の生活を肌身で感じることができました。

このような知識は入試の時期はもちろんその先まで長く残るものとなっていくことでしょう。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR