中学準備講座、真っ最中です【小学アドバンス6年】

小学アドバンスコースに在籍されている6年生は今、中学準備講座の真っ最中です。

4月から始まる慶進中学校、フ大付属中学校の授業をトップランクで乗り切れるよう、アドバンス理数のクラスでは数学を、国社のクラスでは英語や社会、国文法などの項目を中学校の水準で予習しています。

数学を例にしますと、正負の数にはじまり、文字式、方程式、関数、図形などを仕上げていきます。

私立中学で教える数学は公立中学の水準を大きく超えます。それに備え、公立の一般的な中学1年生ではなかなか正解の出せない次のような複雑な分数式の計算(中堅難関高校の入試問題レベル)をも解けるように指導しています。

中学準備講座2018a
文字式の計算ではこのような分数式をも扱います

もちろん全てがこの水準ではなく、易しい水準から順に積み上げているのですが、この項目のひとつの到達点としてこのようなところを設定しているわけです。これは、塾内部の特待水準の生徒さんや、県外中学に進学することが決まっている生徒さんにも満足できる内容だと思います。

そのような中、2月からは、九州等の難関中学校の受験を終え、頂点の久留米大学附設中学校に合格した複数の生徒さんが本中学準備講座に参加されることになりました。

さすがだと感じたのは彼らの集中力と理解力です。とても落ち着いていて、授業に向かう眼力に迫力があります。

理数のクラス生にも彼らの姿勢がいい影響を及ぼしておりますし、また、初回のテストでは慶進の特待生と附設合格の生徒さんとが満点で肩を並べ、張り合いました。

このような雰囲気の中で、残り1ヶ月少々しかありませんができる限りの知識を補充して各中学校に送り出してあげたいと思っています。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

論理作文教室の概要について【小学生】

小学4年生から6年生までが在籍する「論理作文教室」の様子をご紹介します。

最近の本教室では、

①ことばを聞いてイメージ化し、内容を理解する力の育成
②短時間活字を見て覚え、それを書き出す技術の習得
③ことばの字数を自由に調節する技術(抽象・具体化)の習得
④自由短文の作成による表現力の向上
⑤国文法(主語・述語 等)、品詞の役割(形容詞→名詞 等)の理解
⑥タイトルに沿った小論文の作成

を軸に、その他、短小説の読み聞かせや、生徒の音読など、国語力を向上させる取り組みを行っています。

①②は、学校での授業の吸収率を高めるために考案したもので、もうずいぶんと継続して実践しています。

③~⑥は国語の試験で問われる「文字数制限付きの記述問題」などへの対応力を上げるためのものです。最初、全く書けないか、短いことばでしか書けなかった生徒も、字数を伸ばす力がついてきました。

さらに、

⑦短い映像を見て、ことばで内容を表現する技術の向上

⑦を新しい取り組みとして今後取り入れてみます。そのため、プロジェクタも活用してみます。

生徒の中には、4月に新しく入塾された時はスピードが遅くて大変だったり、字を書くことを面倒がったりする子もおりましたが、上の学年の子どもたちのスピードについていこうと一生懸命になっており、今ではついてきております。

また、受験を控えた6年生にとっては、表現力・記述力が伸びたと感じています。もちろん、慶進中学の入試に出題される300字の記述問題は難なくクリアできます。

ここで、難易度の高い中学校の入試問題の中での、記述問題の例を紹介します。フェリス女学院中学校(偏差値66、久留米大学附設中学水準の学校です)の過去問からです。

少し哲学的な内容で、

「昔のくみ取り式便所は落ちたらおしまいで、下にはどろどろの地獄が見える。そうなると、身がひきしまり、想像力も鋭利になるのだ。」 (赤瀬川原平著『目玉の学校』(筑摩書房)より)

という一節がある箇所に着目して作られた問い、

 下線部の「身がひきしまり」とはどういうことですか。

について考えてみます。

生徒たちは、「集中すること。」などと回答しています。これは間違いではありませんが、これではとても低い部分点しか得られないでしょう。

これを、「危険なときに集中力が上がること。」や、「危険に対して体が緊張すること。」などと解答しなければマルにはなりません。

前者は、一定の指導後、生徒自身が編み出した解答で、後者は模範解答です。

伝えたいことを具体化する技術だけでなく、ある程度の分量のことばを適切にまとめる技術(つまり、上記の③のことです)は国語力の根幹を形成するものです。

このように、ことばを自由に操る技術を教えることをひとつの基軸とした教室を目指しています。

徳進館進学ゼミナール2017a
論理作文教室|徳進館進学ゼミナール





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

2学期中間テストの結果【中学生】

中学生の塾生の、中間テストの結果が学校別に出そろいました。そしてそれらを集計してみましたので報告致します。

まず、公立中学ですが、1年生から3年生まで、よくできる生徒さんに多数在籍して頂いております。

各学校での塾生順位を、クラスごとに円グラフでまとめてみました。なお、「学年1位」は、2位以下とは別格の意味がありますから、単独枠で表記しました。

公立中学では一学年が100名~160名程度と母数が多いのですが、そのような中、学年1位を取った生徒が1名以上、どの塾クラスにも在籍しております。また、宇部高(探究科含む)を狙える圏内の目安といえる「学年順位30位以内」(黄色以上)の生徒がおよそ4分の3を占めています。

2学期中間テスト2017a
2学期中間テストの結果|公立中学1年・2年

2学期中間テスト2017c
2学期中間テストの結果|公立中学3年

また、私立中学(1年・2年)は以下の通りでした。

2学期中間テスト2017b
2学期中間テストの結果|私立中学1年・2年

慶進中学、付属中学ともにトップ層は非常に優れているため、トップ層の領域に入るのはとても大変ですが、それに準ずる生徒たちが在籍しております。

また、私立中学では母数が約60と公立中学の半分になります。その中で、国公立大学の現役合格を目指せる「50%順位」となる学年30番以上が、教室のおよそ4分3を占めていることになります。

講師が担当するクラスでのこのような結果は、講師の熱心に負うところが大きいものです。また、必然的にこのような順位を目指すための授業を塾全体として行っているわけで、今後も引き続き、さらなる質の向上、学習ツールの拡充などをはかっていきます。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

大学の推薦入試に向けた面接練習【大学受験生】

徳進館キャンパスでは高校3年や既卒生が在籍しています。

既に複数の校内成績の優秀者が学校推薦を勝ち取り、主管講師が事前に面接の練習を行い、今日はさらに実戦的にするため私も参加して模擬面接官を務めました。

事前に、受験生自身が作成・提出した「志望理由書」を熟読し、志望大学・学部の特性をHPから読み取り、大学の関係者であるかのように思わせるような質問をいくつか用意して、本気で臨みました。

その日、キャンパスに着くと、階上の休憩場の机に向かって、一人で一生懸命模擬練習をしている生徒の姿が見えました。

思わず、「頑張ってるね。今日は本気モードでいくよ!」と、こちらの熱い気持ちを伝えました。

面接練習では、入室から着席、そして私たち2名が交互に質問を投げかけました。

受験生は相当緊張している様子でしたが、質問には落ち着いてしかも元気よく答えました。それは、自分の志望学部に対する熱い思いがはっきりと伝わるもので、「○○さんのような方こそ、医療の現場で活躍すべきだ」と心から思えるものでした。

15分の制限時間でもとてもたくさんの質問をすることができました。その後、全体の雰囲気が乗っていたため、夜の23時も大きく過ぎていたにも関わらず「もう一回しよう!」ということになり、また違う質問をしながら2回、入室から始める練習をしました。

講師の話では、「お互いの性格をよく知っている関係から来る慣れによって、できることに限界があるが、他の先生が来ることで緊張感が一気に増した。実際、山崎先生の質問に戸惑ったときから声が震え始めるほどの緊張感があり、とてもいい訓練になった。」という主旨の話をされました。

私としては、志望理由書などから純粋に疑問に思ったことを投げかけたわけですが、本人がまだ気づいていなかった(つまり、用意できていなかった)ことがあり、戸惑ったときに自分がどう考え、答えるかという訓練にもなったのです。

講師の指導力、計画力、意味のある厳しさにも敬服しますが、それについてくる受験生の熱意もまたすごいものです。本当によく頑張っています。

受験生たちの努力の成果が出ることをただ願っています。


【追記】その後の合格発表で、校内倍率4倍、全国倍率4倍弱の関門をくぐり抜けて、見事に合格の栄冠を勝ち取られました。本当におめでとうございます!(12/25記)

徳進館キャンパス2017d
徳進館キャンパスの講義室を模擬面接会場としました





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

大学受験数学を特訓中【大学受験生】

徳進館キャンパスでは、高校3年生や高卒生からなる『受験生』が在籍しています。

当塾OBの学生や一般の学生さんにも応援をお願いして、この夏、特別に数学Ⅲ(二次試験対策)やセンター数学のさらなるレベルアップのため、特別な個別授業や答案の添削などを実施しています。

塾では今のところ、山口大学医学部に在籍の常勤講師や京都大学に現役合格した京大生などの臨時講師にお願いしており、事前に私の方で模擬講義を通じた講義方法の指導を行い、一定以上の水準になっていることを確認した上で教壇に立って頂いております。

その結果、私が聴いていても「かゆいところに手が届く講義」を行うところにはみなさんの知識のバックボーンの広さを感じますし(京都大学の講師の例では、センター英語で250点満点(100%)、センター数学で94%、二次試験の数学・理科は平均で70%、英数理では同大医学部の合格最低点を超えたというだけあり十分に余力があります)、生徒に対する優しさや数学の面白さを理解して欲しいといった気持ちもとても感じます。

また、生徒から提出された二次レベルの微積分やベクトルの問題などをその場で数分で解いて解法を示すだけではなく、どういう点に気をつけるべきか、どういう公式を頭に入れておくべきかといったところにまで、丁寧に解説を加え、時に生徒の笑いを取る余裕までもあります。

さらに講義後に、講義で扱った問題の類題を提示し、講義後に受講者が解いた答案の添削までもするなど、積極的に生徒たちと関わってくれているので、受講した受験生全員から常に歓迎的な意見が聞こえ、夏の期間、講義が定例化しました。

徳進館キャンパス数学Ⅲ2017c
難関大学の二次試験問題の解説(懸垂線の問題)

予備校の映像授業については、適度な時間活用して知識の補充を行っていますが(たとえば現代文や漢文、物理の一単元など)、主に数学において受験生が直面する問題解決のスピードアップは、それ以上に大切なものです。

今後も優秀な講師の方たちには、答案の添削サービスなどのシステムの構築を進めた上で、継続的に塾と関わって頂くこともあり得るという思いをもつに至り、そうして、「頑張る受験生」を支援し、「勝てる受験生」に育てていけると意気込みながら、計画を練っています。

塾では、東大を含めあらゆる大学の二次水準までの英語や教科書課程の数学については主管講師の熱心により、非常に優れた内容を提供していると自負しておりますが、それに比してやや弱かった受験生向けの数学や理科の品質を上げるにあたって、塾の水準を革新させるための楽しみなビジョンが見えてきました。

徳進館キャンパス数学Ⅲ2017b
級数の和についての講義





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR