大学の推薦入試に向けた面接練習【大学受験生】

徳進館キャンパスでは高校3年や既卒生が在籍しています。

既に複数の校内成績の優秀者が学校推薦を勝ち取り、主管講師が事前に面接の練習を行い、今日はさらに実戦的にするため私も参加して模擬面接官を務めました。

事前に、受験生自身が作成・提出した「志望理由書」を熟読し、志望大学・学部の特性をHPから読み取り、大学の関係者であるかのように思わせるような質問をいくつか用意して、本気で臨みました。

その日、キャンパスに着くと、階上の休憩場の机に向かって、一人で一生懸命模擬練習をしている生徒の姿が見えました。

思わず、「頑張ってるね。でも、今日は本気モードでいくよ!」とおどかしてしまいました。

面接練習では、入室から着席、そして私たち2名が交互に質問を投げかけました。

受験生は相当緊張している様子でしたが、質問には落ち着いてしかも元気よく答えました。それは、自分の志望学部に対する熱い思いがはっきりと伝わるもので、「○○さんのような方こそ、医療の現場で活躍すべきだ」と心から思えるものでした。

15分の制限時間でもとてもたくさんの質問をすることができました。その後、全体の雰囲気が乗っていたため、夜の23時も大きく過ぎていたにも関わらず「もう一回しよう!」ということになり、また違う質問をしながら2回、入室から始める練習をしました。

講師の話では、「お互いの性格をよく知っている関係から来る慣れによって、できることに限界があるが、他の先生が来ることで緊張感が一気に増した。実際、山崎先生の質問に戸惑ったときから声が震え始めるほどの緊張感があり、とてもいい訓練になった。」という主旨の話をされました。

私としては、志望理由書などから純粋に疑問に思ったことを投げかけたわけですが、本人がまだ気づいていなかった(つまり、用意できていなかった)ことがあり、戸惑ったときに自分がどう考え、答えるかという訓練にもなったのです。

講師の指導力、計画力、意味のある厳しさにも敬服しますが、それについてくる受験生の熱意もまたすごいものです。本当によく頑張っています。

受験生たちの努力の成果が出ることをただ願っています。

徳進館キャンパス2017d
徳進館キャンパスの講義室を模擬面接会場としました





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

大学受験数学を特訓中【大学受験生】

徳進館キャンパスでは、高校3年生や高卒生からなる『受験生』が在籍しています。

当塾OBの学生や一般の学生さんにも応援をお願いして、この夏、特別に数学Ⅲ(二次試験対策)やセンター数学のさらなるレベルアップのため、特別な個別授業や答案の添削などを実施しています。

塾では今のところ、山口大学医学部に在籍の常勤講師や京都大学に現役合格した京大生などの臨時講師にお願いしており、事前に私の方で模擬講義を通じた講義方法の指導を行い、一定以上の水準になっていることを確認した上で教壇に立って頂いております。

その結果、私が聴いていても「かゆいところに手が届く講義」を行うところにはみなさんの知識のバックボーンの広さを感じますし(京都大学の講師の例では、センター英語で250点満点(100%)、センター数学で94%、二次試験の数学・理科は平均で70%、英数理では同大医学部の合格最低点を超えたというだけあり十分に余力があります)、生徒に対する優しさや数学の面白さを理解して欲しいといった気持ちもとても感じます。

また、生徒から提出された二次レベルの微積分やベクトルの問題などをその場で数分で解いて解法を示すだけではなく、どういう点に気をつけるべきか、どういう公式を頭に入れておくべきかといったところにまで、丁寧に解説を加え、時に生徒の笑いを取る余裕までもあります。

さらに講義後に、講義で扱った問題の類題を提示し、講義後に受講者が解いた答案の添削までもするなど、積極的に生徒たちと関わってくれているので、受講した受験生全員から常に歓迎的な意見が聞こえ、夏の期間、講義が定例化しました。

徳進館キャンパス数学Ⅲ2017c
難関大学の二次試験問題の解説(懸垂線の問題)

予備校の映像授業については、適度な時間活用して知識の補充を行っていますが(たとえば現代文や漢文、物理の一単元など)、主に数学において受験生が直面する問題解決のスピードアップは、それ以上に大切なものです。

今後も優秀な講師の方たちには、答案の添削サービスなどのシステムの構築を進めた上で、継続的に塾と関わって頂くこともあり得るという思いをもつに至り、そうして、「頑張る受験生」を支援し、「勝てる受験生」に育てていけると意気込みながら、計画を練っています。

塾では、東大を含めあらゆる大学の二次水準までの英語や教科書課程の数学については主管講師の熱心により、非常に優れた内容を提供していると自負しておりますが、それに比してやや弱かった受験生向けの数学や理科の品質を上げるにあたって、塾の水準を革新させるための楽しみなビジョンが見えてきました。

徳進館キャンパス数学Ⅲ2017b
級数の和についての講義





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

山口県一斉模試の日【中学生】

夏期講習や各自の夏の努力の成果を試す、中学生を対象とした山口県一斉模試を実施しました(小学生対象の中学受験模試も同日開催です)。

受験生である中学3年生の話をしますと、模試に求められる学力だけでなく、時間配分や優先順位といった『戦略』に関する演習のために夏期講習の最後の2日間を丸々割き、練習を行いました。

また、今夏は国語の読解力向上に力を入れてきことはお伝えした通りで、また、最終日のその演習の中で、小論文の作成についての戦略的演習を行うなど、さまざまな方面で準備を進めてきました。

まだまだ不十分な点があったとは思いますが、引き続き授業を通じて指導をしていきます。

さて、模試の終了後、塾生には理科社会の学習や数学の解き直しの課題を指示し、答え合わせや再試験などを塾で行い、模試に対する定着率を上げることを徹底して学習させる内容を伝えて解散して頂きました。

県模試2017c
模試に一生懸命取り組んでいます

県模試・多世代ふれあいセンター2017d
模試会場となった「多世代ふれあいセンター」





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

徳進館キャンパス、1ヶ月経過しました【高校生】

徳進館キャンパス(以下、キャンパス)での学習がスタートして1ヶ月が過ぎました。

キャンパスは高校課程の学習を支援するための空間です。具体的には、国公立大学の現役合格を目指す生徒を支援する教室です。

この教室を、「生徒にとって居心地がよく、そして、居心地の悪い塾」になるよう、力を入れているところです。

前者の「居心地がいい」といいますのは、環境面を指しています。新しい備品、広い教室(環境面)は用意しましたが、それを維持し(清潔、整理整頓)、その上でソフト面、つまり、教材など学習に関わる物品が機能的で指導の内容が適切であるということです。

中等部から上がった生徒さんや保護者の方の第一声として、「広い」「きれい」という有り難いコメントを頂いております。

徳進館キャンパス2017d
新しくなった講義側の教室

次に、後者の「居心地が悪い」といいますのは、あるセミナーの先生がおっしゃっていた「生徒にとって居心地の悪い塾は成績を伸ばす」という意味を指しており、具体的には、授業のために一定のメンバーがひとつの場所に集まって学習面で追い込むという指導を行っていることを指します(過去の事例でも、これについていく生徒の多くは現役で志望校合格を達成しております)。

生徒の質問に個別に分かりやすく答えることは重要で、日々重視していることですが、それは塾として当たり前のことです。生徒ペースに任せて支援したとしても、生徒の居心地がよくなるだけで、それでせっかく塾に残って頂いても大きな成長にはつながりません。結果、「この生徒はこの大学なら合格するだろうという大学に合格させる」しかできないと思うのです。それでは、塾の意義が薄れてしまいます。

そうではなく、分かりやすい授業・解説とプッシュ型の厳しい指導、これらをバランスさせることが「生徒にとって居心地が悪く、結果、学力を伸ばす塾、ワンランク上の大学に手を届かせる塾」になるのだと考えています。

若干その厳しさが生徒に負荷をかけすぎる時もありますが、都度反省しながら、バランスを調整しています。主幹講師に研究者気質があり、次々と改良しているところです。

結果、「この生徒には無理かもしれない」と当初思えたワンランク上の大学に合格する生徒が出始めているのです。

さて、キャンパスでは、慶進中学3年(J3)生が最年少で、他は高校生が在籍しています(慶進中学が、3年生に上がった時から主要教科がおおむね高校課程に突入しますので、塾では、J3生も高校生のくくりとなります)。

キャンパスでは、「本課コース」と「授業コース」の2つのコースを用意しています。

最大週に7日間自由に通塾し、専用の映像授業や、週2日かそれ以上のリアルの授業を受けることができ、かつ、自分の自習席1席を占有できるのが本課生です。

徳進館キャンパス2017e
自習室側の教室。一人1席を確保。

現在約20名の本課生が週に数回来塾し、夜間に開催している英数の授業を受けたり、土日などで自習で活用したりしています。夏休みの期間は、ほぼ毎日、朝から勉強しに来る生徒もいます。

私の方では高校化学の教育を担当していますが、化学の理解が十分でない生徒に無料の土曜講座を開催し、この夏に模試力をレベルアップをさせるために総整理編の授業を行っています。新しい受験生も来られ、くらえついて頂いております。

様々な方面から徳進館は小・中・高一貫の教育を行い、最大約8年間かけて新しい入試制度に対応できる学力を身につけさせます。特に中高一貫の慶進/付属中(香川高)生や宇部/小野田高生にとって市内最高の学習環境となることを目指しています。

引き続き、改良していきますので、よろしくお願いいたします。

徳進館キャンパス2017f
映像学習デスクのエリア





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

今年の漢字検定は8月22日です

今年の漢字検定は第2回検定8月22日(火)午後での開催となります。会場は徳進館進学ゼミナール1階の教室です。

◯ 小学生の受験級 → 14時までに集合
◯ 中学生の受験級 → 15時までに集合

学年別での標準受験級は下表の通りです。

最低限、下表での級か1階級飛び級で受験されることをお勧めします。中学受験をされる6年生は最低6級、できれば5級の受験をされることが望ましいです(それ以上はあまり必要ありません)。

公立の高校受験を控えた中学3年生は3級が最低ラインです。高校の入試問題でも3級水準の漢字の出題が多く見られますので、必須とお考え下さい。

塾の夏期講習などでも、中学3年生には3級水準の漢字が定着するように進めていきます。

○漢字検定標準受験級
漢字検定2014b

また、外部生の方の申し込みもすでに見られ始めました。外部の方には、結果を郵送するサービス(送料は360円)を行っておりますので、ご活用下さい。

みなさん、頑張って下さい。

漢字検定2017a
徳進館進学ゼミナールは漢字検定準会場です





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR