新年度が始まりました【小学部】

新年度が始まりました。

新年度向けの募集期間には小・中学生のための体験学習会を何度か開催しました。そして、小・中・高合わせて54家庭の新しいかたとの出会いがありました。

一人ひとりに丁寧に面談をさせて頂き、小学生では能力検査もありますから1時間以上に及んで検査やその結果に基づく将来展望などの話をさせて頂き、体験会や通常授業に臨んで頂きました。

結果、約9割の方が継続して下さいました。

また、塾生の下のごきょうだいの方も小学部や中学部に、例年より多く来て下さいました。

上のお子様に続いてご支持くださり、本当にありがとうございます。

統計情報2018e
新規小学生でのごきょうだい率

結果、4月のスタート時点で、小学6年生のアドバンス理数コースはほぼ満席に、5年生のアドバンス理数コースでも規定近くの生徒さんが集まり、受験もしくは公立中学での上位意識の高い生徒さんで活気のある雰囲気の中、新クラスでのスタートとなりました。

当塾の小学部は少数精鋭の体制です。とにかく、優れた授業を提供し、能力を伸ばしていけるよう、日々工夫しております。

さてここで、中学時にどの程度の学力を狙うかによって、多くの生徒さんがコース選択されているパターンをご紹介いたします。

市内私立中学の合格や公立中学の上位を狙う方

【5年生時】論理作文教室 小学4科コース
【6年生時】論理作文教室 小学4科コース 小学英語コース

市内私立中学の上位合格を狙う方

【5年生時】論理作文教室 小学4科コース アドバンス理数コース
【6年生時】アドバンス理数コース アドバンス国社コース 小学英語コース | プログラミング・探Q教室

慶進中学特待や県外有名難関私立中学の合格を狙う方
※ご本人に強い学習意欲と当塾の能力検査で5以上の値が必要です

【4年生時】論理作文教室 小学4科コース(5年) アドバンス理数コース(5年)
【5年生時】論理作文教室 アドバンス理数コース アドバンス国社コース | プログラミング・探Q教室
【6年生時】アドバンス理数コース アドバンス国社コース 小学英語コース | 塾長の個別指導

これらをコース選択の参考にしてください。

さて、当塾の今年度4月時点での男女比や校区エリアを、4月以降にも来られる方の参考に、まとめてみました。

統計情報2018b
統計情報2018c

新年度の塾生の男女比率

宇部市校区地図2018b

全塾生の通塾エリア

塾から見た中心地(新川、琴芝、常盤、上宇部、神原地区)のご通塾が多いですが、北部(川上)の他、東部(西岐波~阿知須)や西部(藤山)、山陽小野市や厚狭などの遠方からのご通塾も頂いております。

新年度もどうぞ宜しくお願い致します。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

探Q教室の研究発表会【小学生】

今年度の探Q教室の研究発表会を先日行いましたので、報告します。

理科の実験教室である「探Q教室」では、1年間かけて様々なテーマに沿って実験や体験を行ってきました。

そして、各自が気に入ったテーマを選び、発表用に資料をまとめる学習を行いました。

主なテーマは、蒸留水の製造、硫黄の融解、ナトリウムの化学反応、炭酸水素ナトリウムの熱分解、硫酸銅の電気分解、鉛蓄電池の作製、液体窒素の実験などです。

各実験テーマごとに実験の目的、方法、結果と考察を盛り込み、1枚1枚手書きの資料に書き表し、スキャンしてスライドにしていきます。

作成したスライドをプロジェクタで投影しながら、リモコンでパワーポイントを操作してスライドをめくりながら自然に説明ができるように練習を何度も行いました。

探Q教室2017発表
発表練習の一場面

発表会当日は、みんな落ち着いて自分の発表をすることができたと思います。

ただ、それだけでは探Q教室で行ってきたことの全体を説明することができませんから、私の方で136枚の説明用スライドを作成し、多数の写真とともにより詳細な説明を付け加えながら解説しました。

さらに今年は、参加された保護者の方のために、液体窒素の演示実験を用意しておきました。液体窒素を目の前に、各家庭一輪の花を凍らせ、手でばらばらにする感触を楽しんで頂きました。

さらに、風船がしぼんだり復元したり、また、アルミ缶が大気圧に押されてぺちゃんこになる様子などを見て頂きました。

また、プログラミングの部での発表では、プログラミングにとても熱中された生徒が数多くのプログラムを作成したことと、発表会のためにオリジナルで書き下ろしたおみくじを引くアプリの披露がありました。

探Q教室2017発表b
おみくじアプリ

来年度の探Q教室のプログラミングの部では、ロボットも導入してさらに高次なロジックの学習に進みます。また、化学実験の部では基本的なものは従来通り踏襲しながら、新しい実験も導入していきます。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

中学準備講座、真っ最中です【小学アドバンス6年】

小学アドバンスコースに在籍されている6年生は今、中学準備講座の真っ最中です。

4月から始まる慶進中学校、フ大付属中学校の授業をトップランクで乗り切れるよう、アドバンス理数のクラスでは数学を、国社のクラスでは英語や社会、国文法などの項目を中学校の水準で予習しています。

数学を例にしますと、正負の数にはじまり、文字式、方程式、関数、図形などを仕上げていきます。

私立中学で教える数学は公立中学の水準を大きく超えます。それに備え、公立の一般的な中学1年生ではなかなか正解の出せない次のような複雑な分数式の計算(中堅難関高校の入試問題レベル)をも解けるように指導しています。

中学準備講座2018a
文字式の計算ではこのような分数式をも扱います

もちろん全てがこの水準ではなく、易しい水準から順に積み上げているのですが、この項目のひとつの到達点としてこのようなところを設定しているわけです。これは、塾内部の特待水準の生徒さんや、県外中学に進学することが決まっている生徒さんにも満足できる内容だと思います。

そのような中、2月からは、九州等の難関中学校の受験を終え、頂点の久留米大学附設中学校に合格した複数の生徒さんが本中学準備講座に参加されることになりました。

さすがだと感じたのは彼らの集中力と理解力です。とても落ち着いていて、授業に向かう眼力に迫力があります。

理数のクラス生にも彼らの姿勢がいい影響を及ぼしておりますし、実際、初回のテストでは慶進の特待生と附設合格の生徒さんとが満点で肩を並べ、張り合いました。

このような雰囲気の中で、残り1ヶ月少々しかありませんができる限りの知識を補充して各中学校に送り出してあげたいと思っています。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

論理作文教室の概要について【小学生】

小学4年生から6年生までが在籍する「論理作文教室」の様子をご紹介します。

最近の本教室では、

①ことばを聞いてイメージ化し、内容を理解する力の育成
②短時間活字を見て覚え、それを書き出す技術の習得
③ことばの字数を自由に調節する技術(抽象・具体化)の習得
④自由短文の作成による表現力の向上
⑤国文法(主語・述語 等)、品詞の役割(形容詞→名詞 等)の理解
⑥タイトルに沿った小論文の作成

を軸に、その他、短小説の読み聞かせや、生徒の音読など、国語力を向上させる取り組みを行っています。

①②は、学校での授業の吸収率を高めるために考案したもので、もうずいぶんと継続して実践しています。

③~⑥は国語の試験で問われる「文字数制限付きの記述問題」などへの対応力を上げるためのものです。最初、全く書けないか、短いことばでしか書けなかった生徒も、字数を伸ばす力がついてきました。

さらに、

⑦短い映像を見て、ことばで内容を表現する技術の向上

⑦を新しい取り組みとして今後取り入れてみます。そのため、プロジェクタも活用してみます。

生徒の中には、4月に新しく入塾された時はスピードが遅くて大変だったり、字を書くことを面倒がったりする子もおりましたが、上の学年の子どもたちのスピードについていこうと一生懸命になっており、今ではついてきております。

また、受験を控えた6年生にとっては、表現力・記述力が伸びたと感じています。もちろん、慶進中学の入試に出題される300字の記述問題は難なくクリアできます。

ここで、難易度の高い中学校の入試問題の中での、記述問題の例を紹介します。フェリス女学院中学校(偏差値66、久留米大学附設中学水準の学校です)の過去問からです。

少し哲学的な内容で、

「昔のくみ取り式便所は落ちたらおしまいで、下にはどろどろの地獄が見える。そうなると、身がひきしまり、想像力も鋭利になるのだ。」 (赤瀬川原平著『目玉の学校』(筑摩書房)より)

という一節がある箇所に着目して作られた問い、

 下線部の「身がひきしまり」とはどういうことですか。

について考えてみます。

生徒たちは、「集中すること。」などと回答しています。これは間違いではありませんが、これではとても低い部分点しか得られないでしょう。

これを、「危険なときに集中力が上がること。」や、「危険に対して体が緊張すること。」などと解答しなければマルにはなりません。

前者は、一定の指導後、生徒自身が編み出した解答で、後者は模範解答です。

伝えたいことを具体化する技術だけでなく、ある程度の分量のことばを適切にまとめる技術(つまり、上記の③のことです)は国語力の根幹を形成するものです。

このように、ことばを自由に操る技術を教えることをひとつの基軸とした教室を目指しています。

徳進館進学ゼミナール2017a
論理作文教室|徳進館進学ゼミナール





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

2学期中間テストの結果【中学生】

中学生の塾生の、中間テストの結果が学校別に出そろいました。そしてそれらを集計してみましたので報告致します。

まず、公立中学ですが、1年生から3年生まで、よくできる生徒さんに多数在籍して頂いております。

各学校での塾生順位を、クラスごとに円グラフでまとめてみました。なお、「学年1位」は、2位以下とは別格の意味がありますから、単独枠で表記しました。

公立中学では一学年が100名~160名程度と母数が多いのですが、そのような中、学年1位を取った生徒が1名以上、どの塾クラスにも在籍しております。また、宇部高(探究科含む)を狙える圏内の目安といえる「学年順位30位以内」(黄色以上)の生徒がおよそ4分の3を占めています。

2学期中間テスト2017a
2学期中間テストの結果|公立中学1年・2年

2学期中間テスト2017c
2学期中間テストの結果|公立中学3年

また、私立中学(1年・2年)は以下の通りでした。

2学期中間テスト2017b
2学期中間テストの結果|私立中学1年・2年

慶進中学、付属中学ともにトップ層は非常に優れているため、トップ層の領域に入るのはとても大変ですが、それに準ずる生徒たちが在籍しております。

また、私立中学では母数が約60と公立中学の半分になります。その中で、国公立大学の現役合格を目指せる「50%順位」となる学年30番以上が、教室のおよそ4分3を占めていることになります。

講師が担当するクラスでのこのような結果は、講師の熱心に負うところが大きいものです。また、必然的にこのような順位を目指すための授業を塾全体として行っているわけで、今後も引き続き、さらなる質の向上、学習ツールの拡充などをはかっていきます。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR