FC2ブログ

オンライン授業を展開しています【高校生】

新高校1年生の塾生たちは希望に胸を膨らませてぞれぞれの高校に入学されたのですが、学校で授業を受けることさえもほとんどかなわないまま、自宅待機となってしまいました。

また、山口県からの緊急事態宣言の発令を受けて、塾では、小・中学生を含めて、18日からリアル授業からオンライン授業に切り替え、安全のため、生徒さん同士の接触を抑えつつ学習して頂けるようにしました。

それに先立つ16日には、塾で用意していたオンラインシステムを稼働させ始め、生徒さん全員が塾の授業に接続できるように設定をしていきました。

接続の設定では一時混乱しご迷惑をおかけしましたが、多くの方は順調に接続ができ、機械の関係でどうしてもうまくいかない方には個別に直接設定することで前進していきました。朝から深夜まで順次応対し、全員がつながるようになるのに丸2日を要しましたが、無事にこちらの授業を各家庭に届けることができるようになりました。

さて、しばらく運用してみた上での感想ですが、音声も映像も双方向なシステムですから、リアルほどではないにしても生徒さんとコミュニケーションをとりながら指導することができています。

高校生の生活をまだほとんど経験していない不慣れな新高校1年生には、オンラインで毎日2~4時間ほどの授業を行い、学校があるかのような学習のリズムを作っています。まとめの講義を行ったり、オンラインでテストを行ったりと、学習へのモチベーションができる限り下がらないように工夫を行っています。

また、受ける側も大変真面目で勉強熱心な生徒さんばかりですから、このような状況にあっても、流れについていくための努力を決して怠らないことが素晴らしいです。

結果、数学IAでいえば、教科書の最初から二次関数や確率までの単元すべてを、しかも、発展的段階まで終えました。高校英語の文法学習や化学基礎・生物基礎も着実に進行中です。

高校2~3年生は、格好の復習の好機ですから、1年生と同様、共通テスト水準の数学や私の化学の講義などを履修して頂いています。

共通テストで高得点を目指す「英語A(毎週木曜日)」もオンライン授業で進行しています。リアルの時にできていたリスニングの部分は少ししづらくなりましたが、読解や文法解説などは従来通り行えています。

学校再開の延期が予想される中、今は塾生にとっては塾が学習の生命線のようになっています。実際多くの保護者様からオンライン化について感謝のお知らせを頂いており、本当に恐縮致しております。ありがとうございます。

できる限りニーズにお応えできるように、引き続き努力させて頂きます。

徳進館進学ゼミナール看板22020a
徳進館進学ゼミナール






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

新高校1年生に向けた学習【中学3年アドバンス】

中学3年アドバンスコース生の高校受験が終了した翌日の授業から、高校数学、高校化学の猛特訓をスタートさせました。

長い受験勉強もいったん終わりましたので、恐らく生徒さんの気持ちとしては、少しは「ゆっくりしたい」という気持ちもあったと思います。しかし、気を緩めると短期間に学力は低下します。せっかく培った学力を落としてしまっては、4月から始まる難しい高校の授業についていきづらくなることは避けられませんから、ここで緩めるわけにはいきません。

高校数学は数学Ⅰと数学Aという2冊の教科書に分かれて学習が始まりますが、この両方について学習を開始しました。数学Ⅰは式の展開、指数法則、因数分解、循環小数、不等式などで、数学Aは集合の要素、順列、組み合わせなどの単元を学習して頂きました。

結果、1学期の中間テストの範囲の多くを3月中に網羅しました。また、学習して頂くだけではなく、1週間ごとに試験を行い、実力を測定しました。そのため、生徒たちはその試験で好結果を出すべく、朝の9時から塾に来て数時間学習して帰る、といった努力を積み重ねました。

また、試験後、問題の解説や重要問題の解説をする講義を担任の方が行い、知識の定着を目指しました。

さらに、私の方では宇部高、慶進高、防府高など多くの高校で1年次に履修する化学基礎の授業を行いました。原子の構造や電子配置など、分かりにくい単元を徹底的に繰り返し指導した結果、少し余力も持てましたので、なぜカルシウム(Ca)の最外殻電子数は10ではなく、「2」なのかといった、教科書で発展的学習に指定されている内容まで踏み込むことができました。

このように、高校の勉強でかなり充実した入試後及び春休みとなりました。4月からの高校生活でいいスタートを切ることができるように願っています。

キャンパス講義2020a
キャンパス新担任の講義風景






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

1学期中間テストの結果が出そろいました【中学生】

新しい年度になり、クラスの構成が昨年と比べて一部変わりました。それぞれ進級した中学生の塾生たちは年度初の中間テストに向けて全力を挙げて努力してきたわけですが、彼らの結果が出そろいましたので集計しました。

これまでと同様に、クラスごとに円グラフでまとめてみました(今回も、「学年1位」は別格の意味がありますから、単独枠で表記しました)。

今期は公立中学(一学年100名~160名程度)と私立中学を含め、学年1位を取った生徒が合計5名となりました。

公立中学生に関しては、宇部高を狙える圏内の目安といえる「学年順位30位以内」(黄色以上)の生徒が、塾クラスのおよそ3分の2以上を占めています。

私立中学では国公立大学の現役合格を目指せる「50%順位」となる学年30番以上が、やはり教室生の3分の2以上を占めておりました。

今期もよく努力を重ねる生徒たちに恵まれ、好結果となりました。

1学期中間テスト2019a
公立中学1年・2年生の塾クラスの順位集計

1学期中間テスト2019c
アドバンス中3年コースでの順位集計

1学期中間テスト2019b
私立中学1年・2年生のクラスの順位集計

塾は、意欲的な生徒に囲まれ切磋琢磨できる学習環境となっており、彼らを引っ張っていく立場の講師もまた努力をしております。

昨年同様、個々の能力や意欲に合わせながら、より学力が伸びるよう工夫して指導して参ります。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

中間テストに向けて学習しています【中学生】

5月下旬頃から公立中学の中間試験が始まります。日頃の授業では中間試験に向けた先取り学習を進めているのですが、GWが明ける頃からは復習と予習が重なってくるため、勉強の量が増えていきます。

受験生である3年生のクラスでは、GWにはかなり多めの課題を出しましたが、皆さんよく努力され、クラス全体での提出率(件数ベース)は94%を達成しました。

さて、中間テストに向けた特別対策ですが、18日から順次学校や学年別に無料の「テスト前学習会」を開催します。これは、約5時間ほどの時間を確保した学習会で、学校ごとに異なるテスト範囲に合わせるため、私の方で、テストの範囲表を見ながら個別に必要なプリントを作成して配布します。

生徒たちは学校のワークや塾で配布されたプリントに取りかかり、わからないところは私がそばについて個別的に指導します。

質問をよくする生徒は、「問題意識がある」という点で優れていると思います。そして、そもそも質問をするためには事前によく考えておかないといけませんし、そして質問後に解説を受け、その解説が書かれた紙が手元に残るので、それを見ながら要点を書き直したり、数学であればその問題をもう一度トライしたりすることで、しっかりと頭に残るというメリットがあります。そのため、時間内でできる限り多くの質問をしてほしいと思っています。

しかし、質問がなかなか出せない生徒が多いのも事実です。自分で解決できているから質問がないのであればいいのですが、分かったふりをしてしまう生徒もいます。こうなると学習の能率が落ちてしまいます。

そこで、順調に解けば15~30分で終わる程度の問題を全体に配布すれば、「実際よく学習できている生徒はすぐに仕上げてくるものの、そうでない生徒は時間がかかる」という方法で習熟度を簡単に判別することができるので、判別後、習熟度の低い生徒にはその範囲が完全に理解できるまで徹底的に指導します。

このように、様々な方法を組み合わせて能率良く学習ができるように工夫しているので、意味のある学習会になっていると考えています。

また、中間テストの結果が出そろえば統計情報をお知らせしたいと思います。

徳進館進学ゼミナール2017a
中間試験に向けた学習会を行います





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

2019年度になりました【小・中学部】

平成最後の年度になりました。新しい元号に変わる年ということもあり、新鮮な気持ちで4月を迎えました。

新年度に向けて、今年もたくさんの新しい方やごきょうだいの方が塾に来て下さいました。昨年秋からの新規の募集期間から本日までに57家庭もの出会いがあり、面談を行ってきました。

山陽小野田市や阿知須からなど、遠方からご通塾頂くことになった塾生もおり、皆様からご支持頂けましたことに深く感謝申し上げます。

さて、2019年度の塾生の統計情報としまして、「男女構成比」をご参考までに示したいと思います。昨年同様、小学部では1:1に近く、中学部は少し女子寄りの構成となりました。

男女比boysandgirlsratio2019a
2019年度の塾生の男女比


私立中学の新1年、新2年生のクラスは慶進中学生による構成とし、慶進中学のカリキュラムに沿って、ハイペースで学習を進めて行く予定です。

ちなみに、今年の慶進中学での「代表者挨拶」には、昨年に引き続き塾生のひとりが選ばれ、多くの生徒の前で堂々と挨拶を行ったと聞いています。新1年生は、学習に大変意欲的な生徒たちで構成されたクラスですから、本当に頼もしい限りです。

公立中学のアドバンス3年のクラスも多数の方にご選択頂き、満席となりました。昨年に引き続き、宇部高志願者全員合格に向けて叱咤激励しながらも、ともに楽しく勉強していきたいと思っております。

特に今年の3年生はみな学習に向けた熱意が強く、よき生徒たちに恵まれたと思っております。彼らの希望に添うよう、受験指導を行って参ります。

本年度も宜しくお願い申し上げます。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館進学ゼミナールの公式ブログへようこそ!
塾長が東大大学院及びその後の研究活動で得た経験を生かし、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていけるような知的探究心を宿す教育の実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR