FC2ブログ

防府天満宮に参ってきました

今日は防府天満宮に出かけました。梅祭りの真っ最中でした。

今年は暖冬で、今日も2月とは思えない暖かい天気です。そして、すでにどの木も満開で、美しい桃色の花がたくさん見られ、そのけなげな様子にホッとするひとときとなりました。

今年度の受験では、どの学年でも塾生たちは猛烈に勉強しました(一部は、まだ、「猛烈にしています」)。

中学受験や私立高校の受験、私立大学と国立大学の入試が終わり、残すのは主に県立高校となります。

現在のところ、すでに報告してきましたように、今年度は素晴らしい実績を生徒たちがあげています。

小学生では、慶進中学に特待での合格やラ・サール中学、青雲中学、大阪清風南海中学への合格です。中学生では、青雲高校や慶進高校アドバンスやサビエル高校の特待合格で、高校生では、山口大学医学部医学科や産業医科大学医学部医学科への合格は大きな結果です。

引き続き、国立大学や県立高校の受験の結果をお知らせしてまいりますが、塾の受験生全員が吉報であることを心からお祈り申し上げます。

防府天満宮2019a
防府天満宮

防府天満宮2019b
満開の梅





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

青少年会館のプラネタリウム【小学理科】

探Q教室に通われている生徒の1人が、よく宇部市の青少年会館で天体観測会を行っているとか、市のプラネタリウムは国内で稼働している最古のものだといった話をしてくれます。

この日も火星の観測会があると「番宣」してくれたので、初めて訪ねてみることにしました。

訪れた時はあいにく雲がかかってしまい、火星を観測することができず、その代わりにプラネタリウムを案内されました。

実際にプラネタリウムの投影機を見ると、国産のものでしたが、それはそれは年季の入った雰囲気を醸し出していました。操作盤がすべてアナログで、天体の照明の強さを1つひとつ回転式のつまみで手動調節するといったものです。説明では、「作動するものでは国内最古の投影機」とのことでした。

そのような貴重なプラネタリウムが宇部市にあったとは驚きでした。

さて、そこに集まった数名の人たちのために、説明員のかたが国立天文台が製作した天文シミュレータの映像を映してくれました。

映像の中で、地球を出発し、火星などの惑星や近くの銀河へ宇宙旅行するようすを楽しむことができました。

市役所の移転に伴い、このプラネタリウムも移転か廃棄かの分岐点にさらされているらしく、このような貴重な製品はぜひ残す方向で動いて欲しいと思いました。

青少年会館2018a
青少年会館前の電飾

火星とオリオン座2018a
天文シミュレータで、オリオン座を背景に火星を眺めてみました






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

北九州での学習会に参加して

大学受験に関しては、入試の傾向が刻々と変化しますので、進路指導上、最新の情報を得ておくことはとても大切なことです。

この観点で、塾での生徒指導に役立つ2つのセミナーが北九州で行われる機会がありましたので、学んできました。

大学受験を控える高校生を取り巻く最近の受験トレンド、私立大学への受験者の減少傾向などの統計情報から塾での生徒の心理的なケアまで、大変有益な話を聞くことができました。

1つ印象的だったのは、高校1年生が4月になった時点で残された学習時間(学校を除く)についてです。7科目受験として、1科目あたり実質「10日」ほどしかないということです。

一瞬、本当?(そんなに少ないの?)と思ってしまいますが、具体的な根拠の説明がありました。

高校3年生の8月末までを学力を蓄える期間、9月からは得点化する技術を向上する期間とします。

8月末までの日数の合計は、365日(高校1年)+365日(高校2年)+150日(高校3年夏まで)=880日で、1日平均2時間の勉強時間とすると880×2=1760時間、科目数の7で割って、251時間、24時間で割ると、10日ほどです。

あの分厚い日本史の教科書1つをとっても、このテキストを学校以外で勉強できる時間が10日ほどしかないまま、高校3年生の夏を終えるわけです。

いかに日々の勉強時間を少しでも増やすことや、効率のよい学習ができる環境を整えなければならないかが実感としてよくわかりました。

今回学んださまざまな知見を、高校部での指導に役立ててまいります。

さて、話は変わりますが、研修後の帰りに、塾の卒業生も通っている明治学園中学高等学校の前を通りましたので、外回りを見学してみました。

ちょうど下校時刻と重なり、多くの制服を着た小学生や中学生が目の前のバス停に列を作って待っているところでした。

道路側のフェンスの横断幕には、医学部への合格実績が77名(ただし、現役は18名)と大きく掲げられており、福岡県内ではよい実績を達成されています。

落ち着いた色調のレンガで囲まれた洋風の校舎が印象的でした。

明治学園2018a
明治学園2018b
明治学園中学高等学校






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

防府天満宮に参ってきました【中学3年生】

今年も防府天満宮にお参りする時期となりました。

今日は向かう道中、雪が降る中でしたが、参拝の時には偶然晴れ間が広がりました。

さて、中学3年生にとっては私立高校の一般入試と公立高校の入試を控える中にあり、生徒たちの緊張感が高まってきております。

今はひたすら問題演習を重ね経験値を高める時期です。日々、真剣に努力する受験生たちの姿を見ており、結果も、模試で国語を伸ばした生徒や数学を挽回した生徒などさまざまです。

このまま勢いに乗って受験に向かってほしいと願います。全員の合格を心からお祈り致します。

防府天満宮2018a
ほんの一時広がった晴れ間で映える防府天満宮

防府天満宮2018b
今年もまた大吉を頂きました





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

平成30年度・新規生を募集いたします【小・中学生】

平成30年度・新規生の募集を開始しております。

現在の来年度の空席状況では、新中学2年生(公立コース)が満席ですが、その他のコースには空きがあります。

・新5年生(4科、月曜日)
 └学校+αの学力をバランス良くつけさせ、ご家庭での自学の習慣も身につけさせるコース

・新5年生(アドバンス理数、木曜日)
 └慶進中学、フ大付属中学、県外の私立中学などへの合格を果たすため、ハイレベルな算数・理科を指導するコース

・新6年生(4科、水曜日)
 └学校+αの学力をバランス良くつけさせ、ご家庭での自学の習慣も身につけさせるコース

・新6年生(アドバンス理数、月曜日)
・新6年生(アドバンス国社、木曜日)
 └慶進中学、フ大付属中学、県外の私立中学などへの合格を果たすため、ハイレベルな国語・社会を指導するコース

・新中学1年生(5科、公立中学コース)
・新中学1年生(5科、私立中学コース)

・新中学2年生(5科、公立中学コース) ※満席
・新中学2年生(5科、私立中学コース)

・新中学3年生(5科、公立中学コース)

いずれも、塾をよく知って頂くための無料体験を開催しております。小学生のかたは、ホームページに日程を掲載しておりますので、ご覧ください。

塾前のポスターも一新しました。是非ご覧になってください!

生徒募集2018a
塾前のポスター掲示場





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR