徳進館キャンパスでのバーベキューの会【高校生】

徳進館の新教室『徳進館キャンパス』は主に高校生・高卒生を指導する場です。

英語教育については、定評と実績のある講座を毎週開催しており、センター9割を目指す講座(英語T1、木曜日)の方では約15名もの生徒が毎回参加する人気講座です。

大学二次水準のリーディング・ライティング講座(英語T2)は高校2・3年生が参加しています。皆、毎週提示される難問に真剣に取りかかっており、講師の熱心かつ的を得た添削によって生徒の英語力がレベルアップしています。

さて、これらの講座を主管する講師が主導した形でのバーベキューの会を本日行いました。開校当初からの開催の思いを実現することになった、初めての会です。

この日、まだまだ残暑が厳しい中でしたが、18名もの参加がありました。参加者は、夏休みに毎日のように勉強をしに来た生徒や日頃から熱心に授業を受けに来てくれている生徒さんばかりですから、本当に「1学期はお疲れ様」という気持ちでこの日は楽しい時間を過ごして頂きましたし、また、2学期からも新たに頑張って欲しいという気持ちでおりました。

木炭に火をつけ、準備ができたところで、焼き肉や焼きそばなどを食べながら、クイズに興じていました(参加者を5つのチームに分け、チーム対抗のクイズの正解を考えてもらいました)。

講師や私がオリジナルで考えた問題、たとえば、宇部市の彫刻についての問題や歴史や物理に関するものなどを出し、あれこれ話し合いながら考えたり、談話をしたりしながら楽しく考えているようでした(私からは1題を出品しました。機転の利く生徒たちが多いので、正解に導くかなと思いましたが、問題が難しすぎてしまったようです…)。

最後に結果発表の場で、最も正答数の多かったチームに商品を贈り、終了となりました。

が、終了後すぐ生徒たちが自主的にテーブルをふきだしたり、片付け始めたりしてくれたので、とても助かりました。そんな生徒たちの気持ちがとてもありがたく、協力的な姿勢や終始見られた笑顔に大いに元気づけられた日となりました。

(講師の先生にも、ありがとうございました。)

徳進館キャンパスBBQ2017a
塾生自ら焼いています





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

バーコード式の課題管理システム【アドバンス中学3年】

塾では授業の進行とともに必要な課題を定期的に出していますが、意味のあるものを課していますので、それらをきちんと仕上げて提出するかしないかで、徐々に大きな差がついてきます。

仕上げてくることについては、生徒の誠実な取り組みに期待したいのですが、中学生ではまだ遅れの見られる生徒がいることも事実です。

だれがどれだけ仕上げてきてくれているかについては、従来、手書きの記録用紙で管理していましたが、なかなか煩雑で、ミスも起きやすいものでした。

そこで、プログラミングの技術を生かして、データ化できるソフトウェアをつくり、データを印刷することで生徒に対する訴求力(「◯◯君、この課題をもしかしたら忘れてませんか。」、等)を上げることができないかと思案していました。

私自身、大学生のころからシステム開発会社でソフトウェアの開発をする仕事を経験しており、その後、塾の立ち上げ前では本格的なシステム開発の仕事を行っていた時期もありました。

その癖で、日ごろから業務を便利にするためのソフトウェア開発を行っているのですが、バーコード(特に、日本発の「QRコード」)を採用した管理システムが一番正確だと考え、しばらく、Microsoft Visual Basicという言語を使用してQRコードベースのリアルタイム集計システムを構築していました。

他社の製品を「導入」すると高額になると思いますが、「自社構築」ですから、実質の費用はバーコードリーダーの本体のコストしかかかっていません。

しかも、長年の経験から、日々の課題管理に必要な処理だけを選び、それらを実現するためのプログラミングを行うわけですから、塾で本当に必要な機能のみを効率的に搭載することができます。

バーコードリーダー2017c
プログラムの一部(全体で1,000行におよびます)

このあたりを楽しみながら開発を進めました。

そして、今年の4月から数週間の試験運用を経て5月から本格的に稼働し始めました。今のところ、正常に動作しており、生徒からの回収に関するデータが日々たまっていっています。

バーコードリーダー2017b
未提出課題の把握が簡単にできます

また、せっかくの情報ですから、ウェブも活用し、提出率などの情報を保護者の方と共有して、ご家庭で声掛けしやすくするような工夫も行っていきたいと考えています。

ご家庭の力もお借りしながら塾生の意識向上を啓発し、学習成果につなげていきます。

バーコードリーダー2017d
小型の二次元バーコードリーダーで読み取ります





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

未来のエンジニアを育てる

年に数回送られてくる東京大学の同窓会の会報の今号で、光触媒で知られる藤嶋先生(東京大学特別栄誉教授)の記事が載っており、大変懐かしみながら記事を読ませて頂きました。

酸化チタンの光触媒効果を、当時大学院生だった藤嶋先生が世界で初めて発見され、ネイチャー誌に論文が掲載されたのが1972年で今から44年も前のことです。

私が1991年、大学院の学生だった当時にも、東京大学5号館(工学部棟)にて藤嶋先生(当時、教授)の講義を受けており、光触媒についての講義がとても印象的だったことを鮮明に覚えています。

大発見のもととなった酸化チタンの単結晶についてウィキペディアでは、「偶然入手した」と記述されています。ところが、会報の記事を読むと、この物質を入手された経緯が詳しく書かれていますが、実は「偶然」ではなかったようです。

先生が単結晶欲しさに、自らその製造会社の社長あてに手紙まで書き、入手したといったエピソードは、「なんとしてでも」という執着心、さらにはそのもととなっている「探求心」が新発見のもとになっていることを示しています。

さて、この春、中学校の教科書が改訂され、宇部・山陽小野田市立中学、付属中学で採択の理科の教科書には、「日本の技」というコラムの中で光触媒について詳細に紹介されており、興味深く読んでいました。

高校生の化学の資料集にも藤嶋先生の名前とともに光触媒の技術が紹介されています。

今回の教科書では、日本人が成し遂げてきた偉業が積極的に紹介されて、日本が好きになるようなつくりになっているように思います。これからを担う学生に、未来のエンジニアとして育ってほしいという国の期待が感じられます。

私もかつての化学の研究者という経験を生かして、微力ながら、小学生の探Q教室や高校生向けの化学基礎講座などで、化学の面白さをますます伝えていこうと思います。

光触媒2016c
会報の記事(「親和会会報36号」から引用)

光触媒2016a
中学校の教科書での光触媒の紹介記事(「啓林館・未来へひろがるサイエンス3」から引用)

光触媒2016b
高校生向け資料集の記事(「数研出版・フォトサイエンス化学図録」から引用)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

研修会に参加しました

教育に関する研修会と教材展示会の両方に参加してまいりました。

今回は久しぶりの広島会場です。

この5年ほど広島市内には入っていませんでしたが、路面電車として、新型の美しい車両が走っていることに驚きました。(調べてみると、2013年から運行になったとのことでした。)

そこから10分ほどして、研修会会場に到着しました。しばらく待っていると、みるみる人が集まり、80ほどの席が埋め尽くされました。

今回の研修会のテーマは、生徒(中学生)をどのように自律的に学習させるのかといったものです。私自身、毎日指導しながら、現在の一斉授業と個別をミックスしたスタイルに生徒にとってより能率の上がる学習方法が実現できないものかと模索し続けているのですが、今日の講義で何かヒントが得られないかと聴講しておりました。

研修会は、講師自身による塾設立当初の苦労話に始まり、授業スタイル、個別スタイルなどいろいろと試された結果として現在落ち着いた指導スタイルの話にまで及び、私がたどってきた道とも近く、また、具体的に話されましたので、イメージをつかむことができました。そのため、大変実のある時間となり、ありがたいものでした。

また、今年の新作の教材の展示会場もあり、いろいろと比較検討してきました。

特に、中学受験向けのものは毎年より優れたものに変えながら選定してきていますが、「これはいいな」と思えるものが、ある出版社から出されていましたので、何度も見返しながら使用時のイメージをつくって帰りました。

研修会・広島2016a
広島電鉄の新型車両

研修会・広島2016b
教材展示会に出展されたテキスト





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

嬉しいお知らせを頂きました

今日は、あるお店で買い物をしていたときに、偶然、卒塾生に出会いました。

自分の名前を呼ぶ声が聞こえ、振り向いてみると、塾の卒業生でした。

その生徒は私の化学基礎講座の3期生で、自分の将来の夢をつかむため、高校1年生の時に熱心に勉強されていた生徒のひとりです。

今年が大学受験だったその生徒は、「大学に合格しました!」と報告してくれ、さらに具体的に尋ねてみると、「大阪大学」だとのこと。これには本当に私も驚き、また、嬉しくなってしまい、それは本当によく頑張ったねと、その努力をたたえました。

そして、「先生の授業のおかげで化学が好きになって、得点が取れました!」と言ってくれました。聞くと、化学のセンターは9割をゆうに超え、二次試験の理科も化学で攻めていったということです。

数学などもできたであろうけれど「化学のおかげ」と言ってくれたことが有難く、目頭が熱くなるのを抑えながら、喜び合いました。

希望学部に合格され、夢であった医療系の職業に大きく近づいたことを受け、「地域貢献、社会貢献に向けてしっかり頑張って下さい」と伝えました。

卒塾生が話しかけてくれることは、本当に有難いことです。嬉しいお知らせをありがとうございました。

徳進館進学ゼミナール2013a
徳進館進学ゼミナール 化学基礎講座





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR