FC2ブログ

宇部市の女性活躍推進セミナー2018の講師を務めました

宇部市の市民環境部では、「男女共同参画の推進」に関する講座が毎年開催されていますが、その講座の1つに、「エクセルの基本講座」があり、その講師を私の方で毎年(今年で8年目)務めさせて頂いております。

「女性活躍推進」のためという大きな目的がありますから、私としてはコンピュータをただ教えるというのではなく、「資格の取得」につなげて、「履歴書」にも書けるようなことを1つでも増やすことで、活躍の場を広げて欲しいという願いがあります。

そこで、日本情報処理検定協会による「エクセルの資格」が取れるように、その過去問に沿った指導を行いました。

与えられた3日のうち、初日はエントリー水準の4級の内容を、そして2日目からは履歴書に書いても恥ずかしくない3級の水準の内容を指導していきました。

内容が盛りだくさんのため、少々駆け足で進まざるを得なく、消化不良になってしまったと思いましたが、有難いことに、参加して下さった方から高い評価(22名中21名が満足と回答)と嬉しいコメントを頂きました。


・とても理解しやすい講義で、基本的な操作から詳しく指導されたので、スキルアップになった。

・エクセルの機能を基本から少し高度なIFまで教えて頂いた。楽しい内容で、これからも自宅でも少しずつ頑張ってみます。

・これをきっかけとしてパソコンができるようになりたい。


などなど。

いつもそうですが、私自身が「役に立つ」と思うことを楽しく伝えています。

このようなことで社会に還元できる機会を与えて下さった宇部市市民環境部の皆さまにも感謝しております。また、来年も依頼があれば、頑張りたいと思います。

女性活躍推進セミナー2018a
女性活躍推進セミナーの一場面(宇部市提供)





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ : 出来事
ジャンル : 学校・教育

冬期講習2018のお知らせ【小学・中学校】

今年の冬期講習生の募集を行っております。

例年、国語対策に関心を寄せて頂くご家庭が多いのと私自身が日頃からその必要性を感じているため、国語力の向上に力を入れた内容を盛り込んでいます。

特に、最近の入試の傾向として、「問題文の長文化」と「記述で解答させる問題数の増加」があり、今後もこの傾向は続くと予想されていますから、私の授業では、英語・数学等の教科の単元の復習にも力を入れつつより多くの時間を国語に割きます。

国語と言いましても、私の場合は「論理作文教室」で培ったノウハウを入れた「論理力の向上」を目指すものです。国語科の読解問題の多くや他科の長文問題が求めていることの多くが「論理性」を身につけているかどうかを試す形式になっていますから、これは必然的なものです。

小学5年生~中学3年生の外部生の方にとりましても、冬期講習を通じて徳進館進学ゼミナールを知るチャンスとなりますので、広く募集致します。

また、来年度新5年生になられる方(現小学4年生の方)のためにも、2日間の『無料の学習会』を予定しております。

冬期講習体験学習会2018a
新小学5年生のための体験学習会

遠慮なくご活用下さい。皆さまのお問い合わせ、ご予約をお待ちしております。

塾前のポスターには卒業生の筆字から私自身が作成したポスターを掲示しました。ぜひご覧下さい。

冬期講習筆字2018a
卒業生の筆字です





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

公立・私立高校の学校推薦【中学3年】

アドバンス中学3年生のコースでは、宇部高校や小野田高校、慶進高校アドバンスなどへの学校推薦を希望している生徒が6名ほどおり、教室生の約半数を占めました。

中学校が指定するフォーマットに、志願理由を書かなければならないのですが、どう書いたらいいのか分からない生徒も多く、アドバイスを行っています。

まず、生徒から将来の志望やどうしてそう思うようになったのかの体験、勉強面で苦労・工夫したこと、部活での努力や成果、生徒会で努力したことなどをヒアリングし、箇条書きにまとめさせます。

それをもとに、私の方で粗い下書き程度の文章になるように言葉をつなげ、それを本人にも加筆訂正して頂いた上で、清書させます。

皆さん、満足できる文面に仕上がったようで、無事に各学校への提出が終わりました。

とにかく、推薦で合格できれば、一安心です。

特に、公立高校が決まれば、私の計画では、他の受験生より早く高校の勉強(特に数学)に取りかからせ、入学後の有利なスタートを切らせることができます。

皆さんの合格をお祈りしています。

推薦志願書2018a
学校推薦への志願書(サンプル)






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

青少年会館のプラネタリウム【小学理科】

探Q教室に通われている生徒の1人が、よく宇部市の青少年会館で天体観測会を行っているとか、市のプラネタリウムは国内で稼働している最古のものだといった話をしてくれます。

この日も火星の観測会があると「番宣」してくれたので、初めて訪ねてみることにしました。

訪れた時はあいにく雲がかかってしまい、火星を観測することができず、その代わりにプラネタリウムを案内されました。

実際にプラネタリウムの投影機を見ると、国産のものでしたが、それはそれは年季の入った雰囲気を醸し出していました。操作盤がすべてアナログで、天体の照明の強さを1つひとつ回転式のつまみで手動調節するといったものです。説明では、「作動するものでは国内最古の投影機」とのことでした。

そのような貴重なプラネタリウムが宇部市にあったとは驚きでした。

さて、そこに集まった数名の人たちのために、説明員のかたが国立天文台が製作した天文シミュレータの映像を映してくれました。

映像の中で、地球を出発し、火星などの惑星や近くの銀河へ宇宙旅行するようすを楽しむことができました。

市役所の移転に伴い、このプラネタリウムも移転か廃棄かの分岐点にさらされているらしく、このような貴重な製品はぜひ残す方向で動いて欲しいと思いました。

青少年会館2018a
青少年会館前の電飾

火星とオリオン座2018a
天文シミュレータで、オリオン座を背景に火星を眺めてみました






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

中学生の新学習指導要領から【中学生】

あと2年半後の2021年度から中学校では「新学習指導要領」がスタートします。

新しい数学科の指導要領には、「数学を生活や学習に生かし、思考の過程を振り返って評価する態度を養う」という意味の文言があります。

つまり、数学を日常生活に生かすことを目標の1つとしているのです。実際に提供されている入試問題のサンプルを見ますと、「シャトルバスの運行」に関する問題が書かれています。

また、思考の過程がしっかりとたどれるように、問題文が長文化されています。

つまり、従来であれば、A4の4分の1ないし2分の1程度の枠の中で運行表が掲載され、それを見ての設問が2題ほどある、というパターンが典型なのですが、サンプルではなんと問題文の文字数が1300字を超える「超長文」になっているのです。原稿用紙で3枚強の文章量ですから、これはまさに「国語」の問題でもあると言えるでしょう。

問題文はページ数にしますとA4で2枚にも及びますから、このようなことは従来なかったという点で「劇的な変化」だと思います。

もちろんそれが大学入試にも影響するわけで、新しい「共通テスト」では、数学の問題のページ数は現「センター試験」の2倍近くに達します。

少子化に伴い、純粋に日本の国力を維持するにはひとりあたりの生産性を高めることが一法で、そのための布石が子どもたちの学習の現場にまで下りてきているように感じます。

ゆとり教育の廃止以降、一貫して思考力が求められる傾向にありますから、これからの学習を有利に進めるためにも、できる限り幼いうちから言葉に慣れさせるといいますか、意識的な鍛錬が必要だと考えます。

塾としてもそれに対応した指導が必要です。徳進館では、小学生から論理、国語などのことばの学習を徹底することを実践しています。

ことばの基礎的な習熟を高めた上で、引き続き中学生には問題文を注意深く読み解く訓練や、国語読解の特別講座を行うなどで基礎力をつけるなどをしています。

最終的には自ら学力向上のための方法を考え、実行できる能力の育成が重要との考えで、指導を行っています。

徳進館進学ゼミナール2017a
論理作文教室等でことばの指導を行っています






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

水素の性質を実感する実験【小学探Q教室】

小学生を対象とした理科の実験教室(探Q教室)では、夏休み前頃から化学のテーマに入り、気体の発生などの基礎的な実験を繰り返して、装置の扱い方や気体の捕集法と体積の測定、グラフ化などを学んでいます。

前回までは過酸化水素水と二酸化マンガンによる酸素の発生を行い、おおむね過酸化水素水の体積と酸素の発生量が比例することを確認しました。

今回は、水素についてです。

まずはスプレー水素を用いて、小さな容器内で爆発させる実験を行い、

2H2+O2→2H2O

の化学反応式に従って、水蒸気が生成することや熱が発生することを実感して頂きました。点火直後に出る大きな燃焼音と白い光に驚き、みなが一瞬固まりました。

また、希塩酸とマグネシウムを使って水素を発生させ、水上置換法にて捕集してみました。結果、およそ0.18gのマグネシウムから180mLの水素が生成しました。

このような、中学入試や中学校での学習にも通じる実験を当面続けていき、探Q教室生たちの化学に対する経験値を上げていきたいと考えています。

探Q教室2018水素a
二叉試験管内での水素の発生
探Q教室2018水素b
水上置換法で水素を捕集します






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

北九州での学習会に参加して

大学受験に関しては、入試の傾向が刻々と変化しますので、進路指導上、最新の情報を得ておくことはとても大切なことです。

この観点で、塾での生徒指導に役立つ2つのセミナーが北九州で行われる機会がありましたので、学んできました。

大学受験を控える高校生を取り巻く最近の受験トレンド、私立大学への受験者の減少傾向などの統計情報から塾での生徒の心理的なケアまで、大変有益な話を聞くことができました。

1つ印象的だったのは、高校1年生が4月になった時点で残された学習時間(学校を除く)についてです。7科目受験として、1科目あたり実質「10日」ほどしかないということです。

一瞬、本当?(そんなに少ないの?)と思ってしまいますが、具体的な根拠の説明がありました。

高校3年生の8月末までを学力を蓄える期間、9月からは得点化する技術を向上する期間とします。

8月末までの日数の合計は、365日(高校1年)+365日(高校2年)+150日(高校3年夏まで)=880日で、1日平均2時間の勉強時間とすると880×2=1760時間、科目数の7で割って、251時間、24時間で割ると、10日ほどです。

あの分厚い日本史の教科書1つをとっても、このテキストを学校以外で勉強できる時間が10日ほどしかないまま、高校3年生の夏を終えるわけです。

いかに日々の勉強時間を少しでも増やすことや、効率のよい学習ができる環境を整えなければならないかが実感としてよくわかりました。

今回学んださまざまな知見を、高校部での指導に役立ててまいります。

さて、話は変わりますが、研修後の帰りに、塾の卒業生も通っている明治学園中学高等学校の前を通りましたので、外回りを見学してみました。

ちょうど下校時刻と重なり、多くの制服を着た小学生や中学生が目の前のバス停に列を作って待っているところでした。

道路側のフェンスの横断幕には、医学部への合格実績が77名(ただし、現役は18名)と大きく掲げられており、福岡県内ではよい実績を達成されています。

落ち着いた色調のレンガで囲まれた洋風の校舎が印象的でした。

明治学園2018a
明治学園2018b
明治学園中学高等学校






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

夏期講習を終えて【中学部】

小中学部で、私が直接担当した夏期講習は、小学5年生、6年生と中学1年生、2年生の英語専科、そして3年生です。

中学生には、英語、国語、数学を軸に、社会の用語の暗記や理科の演習などで5科のバランスをとりながらレベルアップさせることを目指しました。特に、どの科目でも、たくさん書くことで理解と記憶が定着するように工夫しました。

例えば英語では、文法的な作りを頭ではなく体で理解させるため、短文や句をとてもたくさん書いて覚えて頂きました。教科書の単語や連語も覚え直し、日本語を英語に翻訳する訓練もグループ学習などを通じて行いました。国語では、設問が問う内容を正確に理解するための技術、抽象と具体の学習などです。数学では、ゲーム感覚的な手法で集中力を高めた状態で計算や文章題に取り組む方法を試みました。社会では、暗記用に作成しておいたツールを使って、とにかくたくさん書いて覚えていきました。

塾として、参加された全員に対して意味のある時間を提供できたと考えていますし、実際、塾生たちも大変努力してくれましたので確実にレベルアップを果たせたはずです。

そして、その成果を試す「山口県一斉模試」を本日、別会場を借りて実施しました。全員が、集中できるこの環境で全力を出し切ったことでしょう。さらにまた、模試終了後にも中学生には追加の自宅課題を出しましたので、もうひと頑張りして頂きます。

今日の模試で成果が出ていることを期待しています。

県模試2018a
2名着席の配置で初めて会場が満席となりました






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

漢字検定を実施しました

徳進館進学ゼミナールは漢字検定の準会場です。ただ、塾のスケジュール上、年に1回のみ、夏休みに検定試験を実施しております。

今年も塾生や塾外の子どもさんが多数参加され、小学生の部では満席となりました。

日頃の漢字力のレベルアップや、中学受験や高校受験の際に受験志願書や内申書に書けるようにと、おそらく目的はさまざまでしょうが、一定の期間、合格に向けて漢字の知識を積むための努力をすることはとてもよいことです。

全員の合格をお祈りしております。

漢字検定2018b
一生懸命取り組んでいます

漢字検定2018a
多数のお子さんにご参加頂きました。ありがとうございました






徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

塾の暗記ノート作りの効果について【中学部】

塾では社会などの暗記系の科目について、暗記ノート作りを推奨しており、小学生の部から通われている塾生には徹底的に教えているため、中学に上がられても同じ方法で暗記を進めています。

この方法は、私自身が中学2年生の頃に気づた方法で、それをそのまま高校卒業まで実践してうまくいったものです。おそらく勉強でうまくいった方の多くは自然とされているであろう、とても簡単なものです。

しかし、それを習慣化させた塾生と、中学部に途中入塾された方とを比べると、後者の方は一部の方を除き習慣化できていないのが実情です。

そこで、今夏の夏期講習では、中学1年生と2年生を対象としたコースでは、改めて参加者全員、一律に指導し直すことにしました。

また、この機会に、塾で教えるノート作りが「本当に意味があるのかどうか」をある程度の精度で検証し、参加者に確信して頂くため、暗記の割合が多い「社会」について、

①ある単元の要点のみを読みながらマーカー引きをした段階
②その後、暗記ノート作りを行い、反復練習して暗記をした段階

で、同水準の2種類のテスト(一問一答型)を使って初めて定量的に評価してみました。

その結果、明確な成果がでましたので報告します。

暗記ノート作り2018a
ノート作りの指導の効果(左…①、右…②)

このノート作りの効果について、個別に代表的なスコアの変化で見てみますと、

59→87   76→100   35→87
47→70   59→91    41→87
53→91

などとなり、14名全員がスコアアップしていました。

ビフォー・アフターのグラフを見比べた全員が、「納得」の顔です。

塾では、その他まだまだ学力を伸ばせる方法があり、様々なポイントを日々指導しております。





徳進館 進学ゼミナール【宇部市|塾】

〒755-0039 山口県宇部市東梶返4-9-43斎藤ビル101

連絡先(塾長) 0120-967-804 a_ts@tokushinkan.jp

公式ウェブ  http://tokushinkan.jp/

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
プロフィール

徳進館進学ゼミナール塾長

Author:徳進館進学ゼミナール塾長
徳進館中等部公式ブログへようこそ!
学習塾の役割とは、「10代の若者に、物事について深く考える習慣をつけさせてあげること」との信念の元に、単なる受験勉強にとどまることなく、学習を一生続けていく知的な楽しみを実感させてあげる実践に取り組んでおります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR